Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【アメフト】フラッグフットボールがワールドゲームズ種目に  2022年夏にアラバマで開催 五輪競技化へ大きな一歩

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベースボール・マガジン社WEB

 2022年7月に米アラバマ州バーミンガムで開かれる国際スポーツ競技会「ワールドゲームズ」で、フラッグフットボールが追加種目となることが、7月15日、大会組織委員会から発表された。米プロフットボールNFLと国際アメリカンフットボール連盟(IFAF)が、国際ワールドゲームズ協会(IWGA)と協力関係を結んで実現することになった。11月6日にIWGAの総会で正式決定となる。【小座野容斉】

NFLとIFAFが協力

 ワールドゲームズのフラッグフットボールは男女8カ国が出場、 開催国の米国以外は、 IFAFによる予選で決定する。  ワールドゲームズは、五輪に次ぐ規模の世界的な総合スポーツ大会。IWGAが主催、国際オリンピック委員会(IOC)が後援して4年に一度、夏季五輪・パラリンピック競技大会の翌年に開催される。バーミンガム大会が11回目で、本来は2021年の開催予定が、夏季五輪東京大会に合わせて1年延期となったもの。2022年7月7日から17日まで開催される。  ワールドゲームズの競技種目は、五輪で採用されてない競技種目で、開催地の既存競技施設で実施可能であること、世界選手権大会が定期的に行われていることなどを条件に、IWGA理事会が大会の3年前までに決定する。

【解説】五輪と密接な関係持つワールドゲームズ

 日本人にはなじみの薄いワールドゲームズだが、フラッグフットボールの競技化は大きな意味を持つ。  IFAFは、2020年夏季五輪ロサンゼルス大会でフラッグフットボールの五輪競技化を目指している。一方で、近年の夏季五輪の新採用競技は、大半がワールドゲームズを経ているため、五輪競技化へ大きな一歩となった。アラバマ州はアラバマ大学やオーバーン大学など、NCAAの強豪大学がひしめく「フットボールステート」で、観客も含めた盛り上がりも期待できる。  NFLの協力も見逃せない。プレミアムパートナーであるNFLは、 2022年までの2年間、 フラッグフットボールの国際的なプロモーションを強化していくという。それだけではない。フラッグフットボールがワールドゲームズで定着し、五輪競技に昇格すれば、将来的には、米国などの代表としてNFL元選手の五輪参加にも道を開く可能性がある。

【関連記事】