Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「宛ら」:この漢字、自信を持って読めますか?【働く大人の漢字クイズ】

配信

集英社ハピプラニュース

読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス! 大人のための今更漢字力検定、スタート! >>漢字クイズ一覧はこちら!

今日のお題【宛ら】。

今日のお題も、なかなか難問! 知らないと、思いつかないような読み方です。 「宛名」や「宛先」に使われる【宛】という漢字ですが、「あて(ら)」とはさすがに読めません。 「ら」が送りがなになる漢字というと「もっぱら」が浮かんだ人もいるかも知れませんが、残念、それは「専ら」です。

■ヒント

ここでヒント! 言葉の意味から考えてみましょう。 「宛ら」の意味は…… <1>(下に「…のような」「…のように」「…のごとく」を伴って)よく似ているさま。そっくりなさま。まるで。ちょうど。あたかも。 <2>(名詞の下について)…そっくりなさま。 (集英社『国語辞典』[第3版])

■使い方はこう!

「宛ら星空のようなきらめきが天井いっぱいに広がっていた」 「あの時間は、就職面接宛らの緊張感だった」 「愛犬との再会は、宛ら映画のワンシーンのような幸福なひとときだった」 わかりましたか?

■正解は…

正解は、「さなが(ら)」 でした! 「宛」という字面やパーツから読み方を探り当てるのは難しいので、どこかで遭遇して慌てないためにも、これはもう、ここで覚えておくしかありません! どうしてそうなった!?とツッコミたくなる、想像不可能な読み仮名たち。次こそは、知ってる漢字が登場するかも? 取材・文/菅井麻衣子<BAILA>

【関連記事】