Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

漫画『翔んで埼玉』に新潟バージョンが登場!「愛をもってディスりまくってほしい」とSNSで期待の声

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 昨年、実写映画が大ヒットした魔夜峰央(まやみねお)による漫画『翔んで埼玉』。埼玉を徹底的に”ディスる”作品として話題となったが、同作者が”新潟県”を題材にした新刊を発表し反響を呼んでいる。 【映像】『翔んで埼玉』に新潟バージョン、あらすじは?  10月16日に小学館から発売される『2万光年翔んで新潟』は魔夜峰央の地元の新潟が舞台。本作は、魔夜峰央の倉庫から”発掘”してきた単行本未収録作品だという。小学館の公式サイトでは「新潟とは文明から取り残された未開のへき地である!」「新潟に不時着した宇宙人を、ニューヨークと嘘をつく新潟県民たち。村長は大統領、駐在所はペンタゴン、二宮金次郎像は自由の女神、たくあんはクロワッサン…、すっかり騙される宇宙人だが、その真の狙いとは…?」とあらすじを紹介している。

 発表を受けてSNSでは「愛をもってディスりまくってほしい」「新潟県民にはそのへんの米でも食わせておけ!とかになるのかな」「長野や金沢と敵対するのかな?」など期待の声が続々と寄せられており、新潟県観光協会の公式Twitterも「新潟版出るの!?読みて!!!!!」と投稿していた。  コメンテーターで記者・ノンフィクションライターの石戸諭氏は「さすが魔夜先生!すごく楽しみです」とコメントすると、「自虐ネタが流行っていますが、面白くてネタになるので良いのではないでしょうか。あと、深い愛情を感じますしそういうのが大事ですよね」と話した。 (ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【関連記事】