Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グレタ・トゥーンベリに続く、持続可能な未来を担う10代のアクティビストたち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLE ONLINE

持続可能な生き方を実践し、自分たちの世代や未来を担う人々に強いインパクトを与える若き環境活動家たちが、ワールドワイドに台頭し始めた。エル・ジャポン8月号より。

ジェイミー・マーゴリン(18歳/環境活動家 「Zero Hour」代表)

将来の大統領候補!? 粘り強い市民活動が世界を変える シアトル在住の環境活動家、マーゴリンのツイッターにはしばしば、#FUTUREPOTUS(未来の米大統領)と書かれる。これまで彼女が成し遂げたことを見れば、それも大げさとは言い切れないだろう。 すでに8歳のとき、学校で「グリーンクラブ」と書いた手づくりのピンバッジを友人に配り、「地球を救うことに関心があったら、仲間になって」と声をかけていたという。15歳になる頃には解決策も見つけ出し、ワシントンDCでのデモへの参加をインスタグラムで呼びかけ、2017年にはオンライン上に環境活動のプラットフォーム「Zero Hour」を立ち上げた。'18年には ニューヨークやロンドンなど、世界規模の若者の抗議パレードを主催。 同年、他の若者2人とアメリカ連邦 政府を訴えてもいる。 「私たち世代の命、自由、幸福を追求する権利と、ワシントン州の州法が示す天然資源への私たちの権利を、政府が否定しているからです」

昨年はグレタ・トゥーンベリら10代の活動家たちと米国評議会で証言に立ち、国の行動を「恥ずべき」で「臆病」だと糾弾し、9月に「国連ユース気候サミット」、 10月にコペンハーゲンでの「C40世界市長サミット」に参加している。今年6月には初の著書で環境活動家的な生活を始めるためのハンドブック「Youth to Power」を上梓。高校3年生ながら、地球を健全にするための活動を最優先にしている。

アレクサンドリア・ビジャセニョール(14歳/環境活動家 「Earth Upriging」代表)

抗議デモに若者を集めたスーパー中学生 「ストライキは世界のリーダーたちにプレッシャーをかけるベストな方法です」 ビジャセニョールは14歳にして、街頭での抗議デモの若者モデルをつくった。 国連本部前にひとりで初めて座り込んだ のは、2018年12月14日。プラカードに 「気候のための学校ストライキ」と書き、 冬のNYの凍える寒さのなかで毎週座り、他の賛同者を巻き込むまでになった。 きっかけはその1ヵ月前。カリフォルニア史上最悪の山火事、キャンプ・ファイアに遭遇し、屋内にいながら有害な煙を吸って、喘息の発作を起こした。災禍を促しているのが気候変動だと気づいたとき、 国連イベントでグレタ・トゥーンベリを知り、あとに続きたいと世界中のリーダーが集まる国連でのストライキを思いついた。 その機運をつなげようと立ち上げたのが、若者向けのオンラインコミュニティ「Earth Uprising」だ。世界中の若いリーダーを結び、気候変動についての教育 を行う。教育は「Earth Uprising」の基盤であり、「行動する力の源で社会的な運動を成功させる鍵」とも話す。 最近の国連の報告によると、2030年までにエネルギーや輸送などのシステムを変え、産業革命以前の気温から1.5°C の上昇に抑えることが人類には課されている。それでも火災や洪水、干ばつなどの自然災害のリスクはなお残るのだ。 「若者が権力のある地位に就くまで待てません。政治家を動かさないと。事態は緊急。だから若者は抗議し、行動し続けます」

【関連記事】