Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【家庭用プロジェクターおすすめ6選】テレビ代わりにおうちシアター!インテリア達人が厳選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

おうちエンタメを、より楽しく快適に! インテリアになじむおしゃれな家のテレビまわり プロジェクター派が増えてます

ここ数年で家庭用プロジェクターが大きく進化し、テレビ代わりに使っている方がじわじわ増加中。思いきってテレビを手放すというチョイスも!インテリアの達人2名のおすすめを紹介します。

1.シーリングソケットに付けられる画期的タイプ

「popIn Aladdin」は、照明にプロジェクターとスピーカーを搭載した画期的な商品(この型は生産終了。新モデル販売中)。シーリングソケットにつけるだけで設置完了。

「コードレスで置き場所を取らないのと、アプリを利用すればNetflixやYouTubeなどにすぐつながるのが決め手でした」(ハンコ作家・イラストレーター 羅久井ハナさん)

2.メカメカしい周辺機器は棚の中に隠す

「エプソンの『EH-TW5650』は2500ルーメンで、日中も映像がくっきり映るのが気に入っています。50平米で1LDKのわが家ですが、プロジェクターのおかげでソファ前は広々。子どもがのびのび遊べてうれしいです」。

本体や周辺機器はデスク兼リビングボードの中へひとまとめに。扉を閉めて存在感をシャットアウト。(ブログ「Living Small」主宰 Akiさん)

プロジェクターCATALOG バッテリー内蔵&軽量でどこでも楽しめる

バッテリー内蔵で電源がないところでも使用可能。連続使用時間は約3時間。約740gと片手で持てるほど軽く持ち運びしやすいので、アウトドアでも活躍しそう。

インテリアに溶け込む上品なデザイン

四角いフォルムに革を思わせるテクスチャーがおしゃれで、出しっぱなしでも気にならないデザイン。縦置きもOK。天井に投写すれば、寝たまま視聴が楽しめます。白と黒の2色。

ポータブルの域を超えたハイスペックモデル

コンパクトかつ内蔵バッテリーにもかかわらず、最高800ルーメンという驚異の明るさ。日中でもきれいに見える。高級車に採用されているメーカーのスピーカーを搭載。複雑な音の重なりや深みも表現。

表面に布を施しあたたかみのある雰囲気に

最大120インチまで投写可能。至近距離で大画面を映すことができ、60インチの画面サイズなら、壁から本体まで必要な距離はわずか17cm。置き場所に困らない。

詳しい内容は2020年LEE10月号(9/7発売)に掲載中です。 撮影/木村文平 取材・原文/小松崎裕夏 ※崎は正しくはたつさき 今日のLEEから

LEEweb

【関連記事】