Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熱中症対策に身体の芯から冷やす‘飲める氷’が好調  「ポカリスエット アイススラリー」店頭露出を拡大

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食品新聞

 「飲む点滴」をヒントに開発され、“汗の飲料”をコンセプトのもとに発売された「ポカリスエット」。  運動時や風呂上がり・起床後・暑熱環境で働く現場などあらゆる発汗シーンにおいて飲まれ続けている。  「ポカリスエット アイススラリー」は、熱中症による救急搬送者が減らないことを受けて、新しい視点で開発された製品。18年に産官学の研究もなされた。  同商品は、プレクーリング(事前に冷やす)の考えの下、深部体温に着目し開発された。活動前に摂取することで、身体を芯から冷やし、水分と電解質(イオン)も補給することができるアイススラリー状(液体の中に微細な氷の粒がたくさん混じった粘度の高い)の凍らせて摂取することができる飲料だ。  同社は常温保存の液体を凍らせてスラリー状にする独自技術を開発し融解後、再冷凍してもスラリー状を再現することに成功した。

 取材に応じた大塚製薬ニュートラシューティカルズ事業製品部の原康太郎ポカリスエットプロダクトマーケティングマネージャーは「ポカリスエット アイススラリー」の必要性について「発汗によって体温は下がると理解されているが、実は発汗した汗が蒸発しないと体温は下がらない。発売初年度は、暑熱環境下でも長袖や厚着の脱衣が困難な消防士や自衛隊員に向けてその価値を伝えた」と説明する。  初年度はこのようにターゲットを絞り通販限定で販売。その結果、一般生活者からも身近な販売店での購入を求める声が多く寄せられたことから、20年5月にコンビニ、スーパー、ドラッグストアなど流通に導入を開始。6月末には導入企業での露出が最大化する見通しになっている。  初動の販売状況については「お陰様で『ポカリスエット アイススラリー』の販売は好調。小さいパウチ容器で持ち運びできることに加えて、スラリーという特殊形状のため食道に貼りついて落ちるときに冷たさを凄く感じる点も支持されているようだ。熱中症対策、スポーツを楽しむ方、入浴後に飲むなど、様々なシーンで使用する目的で、お客様に購入して頂いている」と語る。

【関連記事】