Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ティモシー・シャラメが元カノの妹に心変わり?ウディ・アレン新作7月公開

配信

映画ナタリー

ティモシー・シャラメとエル・ファニングが共演した「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」の公開日が7月3日に決定。このたび2種類の予告編がYouTubeで解禁された。 【動画】「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」60秒予告(メディアギャラリー他15件) ウディ・アレンが監督を務めた本作は、現代のマンハッタンを舞台にしたロマンティックコメディ。まったく計画通りにいかない雨の降る週末、運命のいたずらに翻弄される大学生カップルの恋路が描かれる。 シャラメが生粋のニューヨーカー・ギャツビー、ファニングがアリゾナ出身の無垢な女子アシュレーを演じた。またギャツビーの元恋人の妹で、彼と映画撮影中にキスするチャンにセレーナ・ゴメスが扮している。あわせて解禁されたビジュアルでは、3人の姿が傘の形で切り取られた。ギャツビーの横顔には「うつり気な恋の空模様にご用心」とキャッチコピーが添えられている。 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」は東京・新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

【関連記事】