Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今季先発勝利なしの松井裕樹はトンネルを抜けられるか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 またしても先発としての今季初白星はお預けとなった。8月20日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発した楽天・松井裕樹。6回3安打2失点で勝ち負けは付かなかった。  課題はクリアできなかった。「初回ですね」と本人が振り返ったように、立ち上がりの悪さはこの試合でも見られた。先頭の西川遥輝に四球で出塁させると、続く松本剛の右前打で無死一、三塁のピンチ。近藤健介は空振り三振に打ち取ったが、中田翔の遊ゴロの間に先制点を許した。  ここまで5度の先発登板のうち、初回を無安打無失点に抑えたのは8月6日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)のみ。この試合では3、4回に失点を重ねて敗戦投手となっている。ここまでの防御率5.16と苦しんでいるが、味方打線とは好相性を見せており、冒頭の試合も0対3の9回二死一、二塁から島内宏明の同点3ランが飛び出し、黒星が消えた(結果は引き分け)。  この試合について、左腕は「ストレートも変化球も悪くはなかったですけどね」と語り、復調への手応えはつかんだ様子。2回以降の失点は中田のソロ本塁打のみで、今季自己最長の6回、104球の熱投を見せた。三木肇監督は「いいボールがあったことは評価しないといけない」とうなずいた。ようやく見えてきた光。次こそは長いトンネルを抜け、待望の白星を手にすることができるか。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】