Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベーカリーカフェ&ダイニング「エスプレッソディーワークス」 ヒサヤオオドオリパークに名古屋初

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 ベーカリーカフェ&ダイニング「ESPRESSO D WORKS(エスプレッソディーワークス)」が9月18日、ヒサヤオオドオリパーク内・ゾーン4にオープンする。名古屋初出店。運営はDREAM ON(本社=愛知県一宮市)。(サカエ経済新聞) 【写真】テークアウトメニューの「パンケーキバーガー」  同店は、恵比寿、渋谷、池袋の3店舗を展開。パンケーキをはじめ、同店オリジナルの「水分量100%」をうたう食パン「ワンハンドレッド」や、「トリュフオムレツ」などで人気を集める。  今回、ヒサヤオオドオリパークにオープンした店舗について、店長の小林拓哉さんは「当社が経営する別ブランドの店舗も含め、各店のいいところや人気メニューを活用した集大成のような内容」と話す。「ボリュームがありコストパフォーマンスがいいランチメニューや、人気のコース料理からアラカルトメニューとして作り出した料理などを提供する」とも。席数はテラス席を含め全140席。モーニングからディナーまで一日を通じて営業する。  食パン「ワンハンドレッド」は「通常、食パンは小麦粉100に対し水分量は70~75%程度が限度だが、ワンハンドレッドは水分量100%を実現した世界一やわらかい食パン」、名物「トリュフオムレツ」(1,500円)は「とろとろのオムレツにベリグーソースとトリュフをかける定番メニュー」(同)という。食パン「ワンハンドレッド」(800円)は店頭でも販売する。  モーニングは、自家製ホイップバターを添える「ワンハンドレッドのトースト」(350円)、自家製あんに岩塩をのせる「小倉バタートースト」、「厚切りベーコンとアボカドのクロックマダム」(1,000円)などを販売。全てのメニューに300円増しでドリンクを付ける。ランチは、選べるパスタの「パスタランチ」(1,500円)、黒毛和牛ステーキの「ステーキランチ」(2,000円)などで、ランチメニューには食パン「ワンハンドレッド」・冷静コーンスープ・サラダが付く(一部異なる)。同社オリジナルのビールを含む「4種のクラフトビール飲み比べセット」(ランチメニューに500円増し)も。ディナーは前菜、パスタ、ハンバーガー、メイン料理、フランスの郷土料理の薄焼きピザ「タルトフランベ」(1,200円)など。  甘みを抑えたというパンケーキは、ベーシックな「スフレパンケーキ」(1,280円)や「シャインマスカットパンケーキ」(1,680円)など。フルーツを使ったパフェを新しく販売。「お客さまに喜んでもらうために新規開発。希少価値の高い果物を使ったメニュー」(同)という。「幻の無花果(いちじく)『ビオレソリエス』のパフェ」「黒葡萄(ぶどう)の最高峰『ナガノパープル』のパフェ」(以上1,800円)など。テークアウトメニューとしてイチゴとマスカルポーネクリームを挟んだ「パンケーキバーガー」(800円)も用意。  ドリンクは自然派ワイン、クラフトビールなどもそろえる(価格は全て税別)。  「公園がメインの施設内の店舗。まずは地元の方にご利用いただければ。家族連れ、大人同士のグループなどさまざまなロケーションに応える。東京以外で初出店。この地で支持される店にしていきたい」と意気込みを見せる。  営業時間は、モーニング=9時30分~11時、ランチ=11時~17時、ディナー=17時~22時。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】