Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インテルFWルカク、セリエA終盤戦へ意気込み「残り12回の決勝戦がある」

配信

GOAL

インテルのFWロメル・ルカクは、チームメイトにさらなる奮起を促した。イタリア『スカイスポーツ』が報じている。 インテルは21日、セリエA第25節でサンプドリアと対戦。ルカクとラウタロ・マルティネスのゴールで2-1と競り勝った。残り12試合で、首位ユヴェントスとの勝ち点差を「6」に縮めている。 「今からシーズンの終わりまでは12回の決勝戦があるので、勝つのはとても重要だった。今は水曜日のサッスオーロ戦に向け、集中して気合を入れなければならない。これからはどの試合もタフなものになるし、誰にとっても簡単なものではないだろう。チームは肉体的にもいい状態だけど、3日に一度試合があるので、前進し続け、さらに強くならないとね」 なお、ルカクはセリエA1年目で18ゴールを記録。インテルではルベン・ソサ、ロナウド、ディエゴ・ミリートのみが1年目から18ゴールを達成していた。

【関連記事】

最終更新:
GOAL