Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米国債利回り低下でビットコイン先物に資金流入か:市場関係者

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CoinDesk Japan

伝統的市場での投資機会が枯渇する中、機関投資家のビットコイン先物に対する関心が高まっているようだ。 リサーチ企業スキュー(Skew)によると、主要取引所に上場されている先物の建玉(オープンポジション)は8月1日、史上最高の56億ドル(約5920億円)に達し、2月に記録した53億6000万ドルを上回った。8月3日時点での建玉総額は50億ドルで、7月の30億ドルから66%増加した。 機関投資家向けの暗号資産インデックスファンドを運用するStackの共同創設者兼COOのマシュー・ディッブ(Matthew Dibb)氏は「機関投資家がロングポジション(買って保有している状態)を強めており、建玉の増加につながっている」と話す。 株式は買われすぎているように見え、債券利回りはマイナス領域に動く中で、一部の投資家は暗号資産デリバティブ市場で、より高いリターンを求める動きがあるだろう(ディップ氏)。 米国の10年債の利回りは記事公開時点で0.54%、実質またはインフレ調整後の債券はマイナス1%という過去最低水準だ。 機関投資家の代名詞であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の先物の建玉は8月3日には過去最高の8億2800万ドルに跳ね上がった。ビットコインの価格が9100ドルから1万1100ドルへと急上昇したタイミングで、CMEの建玉は2.5週間で127%増加した。 ビットコインは1万1290ドル近辺でほぼ横ばい。テクニカル分析上、2月の高値である1万500ドルの下値指示線を上回る価格で強気を維持している。 世界経済が悪化し、投資家が従来の市場からデジタル資産に価値を移すことに確信を持つようになると、マクロヘッジの可能性としてビットコインが数年来の高値を更新する可能性があると、ディップ氏は予想する。 翻訳:下和田 里咲 | 編集:佐藤茂 | 写真:シカゴ・マーカンタイル取引所の取引フロア(Joseph Sohm/Shutterstock) | 原文:Bitcoin Futures Interest Soars as Bond Yields Fall to Record Lows: Industry Exec

CoinDesk Japan 編集部

【関連記事】