Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

住宅ローン「一括返済」のベストタイミングっていつ? 注意点とあわせて解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

住宅ローンの一括返済とは、残債を繰り上げて一度に返済する方法です。返済後の利息分を削減できるので、返済総額を減らせるのがメリットです。 まとまった額をまとめて返すことになりますが、預貯金全額を返済に充てるのではなく、万が一に備えてある程度のお金を手元に残すようにしましょう。 一括返済のメリットとベストタイミングについて詳しく解説します。

「一括返済」は住宅ローンの繰り上げ返済の方法のひとつ

住宅ローンの「一括返済」は繰り上げ返済の一種で、まとまった額を用立てられたときに残債をまとめて返済する方法をいいます。例えば、住宅ローンを組むときに退職金での一括返済の予定を組むことも一つの方法です。 一括返済をすると住宅ローン契約と同時加入した団体信用生命保険(団信)の契約も終了してしまうので、生命保険に加入する、もしくは加入済の生命保険の保障内容を見直すことをおすすめします。 加えて「抵当権抹消登記」を自分で行う必要がありますので、管轄の法務局で手続きを行いましょう。

一括返済をするとどんなメリットがある?

一括返済をすると返済後の利息がなくなり、返済総額を減らせることが大きなメリットです。また、月々の住宅ローンの支払いがなくなるので精神的な負担が軽減されるでしょう。加えて住宅ローンの契約時に保証会社へ前払いした保証料の一部が、返金される場合もあります。 繰り上げ返済には「一部返済」もありますが、一括返済の方がより高い利息の軽減効果が期待できます。

一括返済をするとどれくらいお得になるの?

一括返済をした場合、返済総額をどのくらい減らすことができるのでしょうか? ここでは借入金額2500万円で元利均等方式、金利は2%の固定金利、返済期間35年の場合を例にします。もしも途中で一括返済などの繰り上げ返済をしなければ、返済総額は3478万2404円です。 そして5年後に一括返済をすると返済総額は2741万1918円で737万円ほど、10年後では返済総額は2950万9105円で527万円ほど、20年後では返済総額は3276万6500円で202万円ほど軽減できます。 返済期間が長くなるほど利息額も増えていくので、早いタイミングで一括返済をした方が返済総額をより減らすことができます。

【関連記事】