Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

時代を切り拓いた革新のエポックマシン:ホンダCBR1100XXスーパーブラックバード

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

’96 ホンダCBR1100XXスーパーブラックバード〈世界初・2軸2次バランサー〉最高速のみならず上質さも演出

ホンダにとって久しぶりの世界最速車となったCBR1100XXは、当時の量産車で最もパワフルな164psを発揮。とはいえ、XXは単純な速さに特化したモデルではなかった。安全性や快適性を高める装備として、足まわりには前後連動ブレーキのD-CBS、独創的なピック・ア・バック式ヘッドライトには照射面積を広げるフリーフォームリフレクター、エンジン内には振動緩和用として、二輪車の世界では初となる2軸2次バランサーを採用したのだ。乾燥重量は先代のCBR1000Fより26kgも軽い223kg。 〈関連写真×5枚〉時代を切り拓いた革新のエポックマシン:ホンダCBR1100XXスーパーブラックバード 〈写真01〉【’96 HONDA CBR1100XX SUPER BLACKBIRD】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1137cc 164ps 12.7kg-m ■車重223kg(乾) ※輸出車 〈写真02〉エンジンは同時代のCBR900RRと共通点が多いものの、2軸2次バランサーはXX独自の機構。クランク前部の第1バランサーは逆回転で、後部の第2バランサーはアイドラーを介して正回転。 〈写真03〉【超音速偵察機から命名】スーパーブラックバードという車名の由来は、ロッキード社が開発してアメリカ空軍が採用した超音速高高度偵察機、SR71(最高速度記録3529.56km/h)の愛称。 〈写真04〉【ZZRを凌駕!】世界中のライダーが期待した大台には届かなかったが、XXはZZRを凌駕する290km/h前後の最高速をマーク。 〈写真05〉【FIで強化した2世代目】排気ガス規制への対応と低中速トルクの増強を念頭に置いて、’99年型XXは気化器をキャブ→インジェクションに変更。吸気系には新たに、ダイレクトエアインダクションシステムが採用された。

――― ●文:中村友彦

【関連記事】