Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スカパラら24組アーティストが出演「LIVE HUMAN2020」オンライン音楽フェスの可能性:レポート

配信

MusicVoice

 「アーティストとオーディエンスがオンラインでつながる高音質高画質の音楽フェスティバル」として、6月20日(土)と21日(日)の2日間にわたりABEMAで世界同時配信されたオンライン音楽フェス「LIVE HUMAN2020」が開催された。「“イマ”をさらけ出す」というテーマのもと、新型コロナウィルスの影響で夏フェスをはじめライブイベントの中止が相次ぐなか「今伝えたいこと」「今できること」を届けるべく、熱演が繰り広げられた。  出演したのはさまざまなジャンル・スタイルのアーティス総勢24組。自分の好きなアーティストはもちろん、それ以外のアーティストとの出逢いも体験することができる、オンラインではあるものの、まさにフェスの醍醐味を満喫できる2日間だった。  24組のアーティストはそれぞれの場所からそれぞれの形でパフォーマンスを配信。思うようにライブができない現状、そしてこの自粛期間中に高まっただろう音楽への思いを爆発させるようなパフォーマンスが続出した。

1日目

 1日目に登場したSNSで話題のシンガーソングライター瑛人はアコースティックギターのみのミニマムなセットで彼にとって最初のヒットとなった「香水」と「HIPHOPは歌えない」を披露。よくよく聴けば切ない心情や自身のプライドを刻み込んだ歌詞を、スツールに腰掛けながら終始穏やかな笑顔を浮かべながら歌う様子が印象的だった。わずか2曲という短いライブだったが、その誠実でストレートなキャラクターはしっかり伝わっただろう。  続いて登場した、宮崎を拠点に活動する18歳のシンガーソングライターみゆなはギターを掻き鳴らしながらダークに歌う「ユラレル」からライブをスタート。堂々としたパフォーマンスで、この日のライブでは配信企画でファンと一緒に作った新曲も初披露。楽曲ごとに様々な顔を見せながらライブは展開。画面越しでも心を鷲掴みにするその歌の力はとてつもなかった。  大塚愛はたったひとりでのピアノの弾き語りで「HEART」「クムリウタ」「金魚花火」といった名曲を演奏。「日々、生きていれば」の切々としたメロディ、そして曲が書けなくなった時期を乗り越えて最初に作ったという未発表曲の決然とした響きには、前日の雨が嘘のように晴れたこの日の東京の天気を引き合いに出しながら明日への希望を噛みしめるように語っていた彼女の、今この状況に対するメッセージがはっきりと込められていた。  意外なDJセットで登場したのはビッケブランカ。自粛期間中も曲を作り続け、それをあるべき姿で届けるためにこのスタイルを選んだという。そうして披露された新曲「Little Summer」はどこかノスタルジックなメロディが胸を打つミディアムチューンだった。ライブ終了後には「何もできないような状況のなかで何かやっていくぞ、という心意気と僕も一致したような心持ちで、すごく気持ちよくやらせてもらった」とコメント。まさに「今」ならではの新しい姿への手応えを語っていた。  そんな1日目のトリを努めたのは大橋トリオ。レコーディングさながらのセッティングが施されたスタジオで新曲「LOTUS」から始まったライブは、テレワークでセッションした動画も話題となっていた「EMERALD」、オーディエンスに手拍子を促してセッションらしい一体感を生み出した「PARODY」といった楽曲をどこまでも楽しく、しかも直前までバタバタだったといいなが手練揃いのバンドらしく極上グルーヴとコンビネーションで繰り出していくものだった。まさに音で会話するような、生のセッションのよさを痛感するパフォーマンスが鮮やかだった。

【関連記事】