Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【皮膚科医に聞く】赤ちゃんの顔に湿疹が! これってアトピー?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

「宮前平すずらん皮ふ科クリニック」の鈴木先生によると、乳幼児のスキンケアが、将来的なアレルギー発症やアトピー性皮膚炎を左右するという。赤ちゃんの顔の湿疹は、「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」「接触皮膚炎(せっしょくひふえん)」「アトピー性皮膚炎(アトピー性皮膚炎)」などが主なものとのこと。どれくらいの確率で起きる病気なのか、有効な対策は何なのか。ほか、さまざまな質問に答えていただいた。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 鈴木医師(宮前平すずらん皮ふ科クリニック 院長) 名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市立大学病院、名古屋市立東市民病院(現・名古屋市立東部医療センター)、愛知県内の大学関連病院、東京都内の皮膚科クリニック勤務を経た2014年、神奈川県川崎市内に「宮前平すずらん皮ふ科クリニック」開院。女性医師によるきめ細やかな診療と相談しやすい環境に配慮し、日常的な悩みから専門的な治療まで対応している。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会の各所属。

アレルギー、アトピーは乳児期のスキンケアで防げる

編集部: 赤ちゃんの顔によく見かけるボツボツは何でしょう? 鈴木先生: 触ってみて赤くザラザラ、ベタベタしていたら、過剰な皮脂が原因となる「乳児脂漏性湿疹」の可能性があります。生後半年くらいまでの赤ちゃんは、お母さん由来のホルモンで、顔や頭の皮脂分泌が多いんです。ですから、程度の差こそあれ、どの赤ちゃんにも起こりえる症状です。おでこを中心としたTゾーン、耳の周囲、頭部などに多いですね。 編集部: 全体に赤くなっていて、アトピーのようにも思えるのですが? 鈴木先生: アトピー性皮膚炎ではありません。ただし、そのまま放置して湿疹をひどくしてはいけません。湿疹の部分はお肌のバリア機能が失われていて、皮膚の隙間からアレルゲンを取り込んでしまうからです。その結果、アレルギーの発症につながってしまうことがわかっています。 編集部: アレルギーへ進まないように、対策できることはありますか? 鈴木先生: バリア機能を失わないようにスキンケアをすることです。具体的には、まず湿疹を治すことと、予防として刺激となるものをとりのぞき、しっかり保湿をすることですね。それにより、アレルギー発症やアトピー性皮膚炎発症・悪化の原因となるアレルゲンが、赤ちゃんの皮膚から体内に入ってくるのを食い止める効果があります。 編集部: ビックリです。将来のためにも、きちんとしたケアが必要ですね。 鈴木先生: ぜひ、そうしてください。乳児脂漏性湿疹は、通常なら、生後半年もしたら終わっていきます。ただし、そのあともよだれや食べこぼしなどにかぶれて乳幼児の顔は荒れやすいものです。この間に適切なケアができていないと、一生、アレルギーを抱え続けることになりかねないのです。 編集部: 後で後悔しないためには、早めに早めの対応が必要なんですね。 鈴木先生: そう、お願いしたいですね。赤ちゃんの肌荒れを感じたら、すぐにでも皮膚科へ相談しましょう。

【関連記事】