Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【書評】古今東西の美術を渉猟した遺作:杉原たく哉著『アジア図像探検』

配信

nippon.com

泉 宣道

中国古代美術史が専門の著者は、古今東西の図像(ずぞう)を独創的な視点で研究してきた。長期連載エッセイ「アジア図像探検」など遺作を収めた本書には歴史解釈をめぐる新説や異説が盛りだくさん。満載の図版をめくるのも楽しい。

“婦唱夫随”による同志愛の結晶

図像とは、人間が図で表現した視覚的な「かたち」を意味する。日本では仏像、曼荼羅(まんだら)など仏教図像を指すこともある。西洋ではイコンと呼ばれることが多い。図像は歴史的にキリスト教など宗教や文化とも密接な関係がある。 著者、杉原たく哉氏は中国の美術を軸に古代から中世、近世、近代、現代へと時空を超越して「図像学(イコノグラフィ)」を探求したことで知られる。対象とする図像の範囲も広い。中国の漢代の墓など石材に浮き彫りや線刻を施した画像石とその拓本、肖像画、彫刻、建造物などを丹念に観察する“眼力”は鋭い。同時に、古今東西の美術に関する文献や史料を丁寧に渉猟する正統的な研究姿勢を貫いた。 人類の長い歴史において、美術が主に担ってきたのは「権力メディア」としての役割だったというのが著者の持論。言語や画像などのメディアは「命令と支配のために人類が生み出した文化ツール」と喝破し、こうした観点から図像学に挑んでいた。 ところが、2016年5月31日、がんのため61歳でこの世を去った。それから4年。本書が刊行されるまでには曲折があった。 杉原篤子夫人は遺作を何とか本の形にしようと決意したものの、出版社探しなどで難航した。こうした中、著者を学究の「大哥(あにき)」と慕っていた武田雅哉氏(北海道大学大学院教授)が監修者として手を差し伸べた。その結果、4年目の命日、発行に漕ぎつけたのである。 著者は生前、篤子夫人と共同で論文を発表している。図像研究の同志であり、本書の編者となった夫人はあとがきで「この本を亡き夫、杉原たく哉へ捧げます」と記す。 本書はいわば夫婦愛、同志愛が結実したものだ。

【関連記事】