Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【50代におすすめコスメ】美容業界で話題の「幹細胞コスメ」 その効果とは?

配信

OurAge

ぷるんとみずみずしいベースづくりがトレンド肌となっている今、大人女性の保湿は最重要課題。とはいえ、40代あたりから増える肌悩み…。そこで注目を浴びるのが「幹細胞コスメ」だ。だが、その効果はいかに? 美容に関する研究開発の仕事に携わって約35年のスペシャリスト、ドクターシーラボ 研究開発部部長 林田元治さんにお話を伺った。 ■ここ数年、美容業界で話題の幹細胞コスメ。いったいどんな美容効果が? 「幹細胞とは、細胞が作られる大もとになる細胞のこと。幹細胞の研究は、もともとは再生医療の分野のものです。ケガや病気で失われた組織を補う目的で、幹細胞を培養液で増やすことから始まりました。さまざまな細胞を作り出す幹細胞には、すごいパワーがあるのです」(林田さん) 化粧品に使われているのは、植物またはヒトの幹細胞から作られた成分。 「最初は植物の幹細胞の培養液、次いでヒト由来の幹細胞を培養した液のエキスが配合されるようになりました。人間の細胞にはヒト由来のものが適合しやすく、安全性も高いと考えられています。培養液エキスには、年齢とともに衰える細胞を活性化する働きがあるので、シワやたるみなど、あらゆる老化サインに効果的です。では植物由来がダメかというとそうではなく、植物が持つ力を活用することで、保湿や美白など、独自の効果を発揮します」と林田さん。 ■50代におすすめ! 植物幹細胞由来のコスメ 環境の変化に対応し、成長と再生を繰り返す植物。そのパワーを最大限引き出すことを目指した、植物由来の幹細胞コスメを3つご紹介。肌悩みや目的に合わせて選んで。 ◆美容皮膚科医が監修。植物幹細胞エキスを高濃度で配合 ヴァントルテ/ボタニカルモイストセラム(写真左) アルペン、アルガン、リンゴの3種の植物幹細胞由来の成分を高濃度で、肌に浸透しやすい4種のヒト型セラミドを豊富に配合。乾燥肌のバリア機能を立て直し、年齢サインをケアします。ビタミンやミネラルを理想的な状態で抽出したボタニカルウォーター高配合で、みずみずしく心地よい使用感。ゆらぎがちな大人の敏感肌に。 ◆クリニック発想の成分で総合エイジングケアを! ドクターケイ/ケイカクテルVプレミアムクリーム(写真中央) コラーゲンの産生を促進するクチナシ生長点細胞培養物や、肌の酸化を防ぐカクテルビタミン、糖化防止に働く西洋オオバコ種子エキス、糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠な成分ナイアシンアミドを配合。これらの相乗効果で、繰り返される肌老化スパイラルにアプローチ。シワの軽減や美白などあらゆるエイジングサインに対応。 ◆3種の植物幹細胞エキスを配合。肌にリッチな潤いと透明感が センソリー/センソリー インテンシブクリーム(写真右) 天然由来成分99.9%以上で、植物幹細胞エキスを配合したコスメ。この保湿クリームには、アルガニアスピノサカルスなど3種の植物幹細胞エキスと、マリアアザミなど6種のオーガニック植物由来のオイルやエキスを配合。乾燥する肌をたっぷり潤す。ゼラニウム、ラベンダー、ダマスクローズの精油の香りでリラックス効果も。 撮影/久々江 満〈物〉 スタイリスト/高橋尚美〈物〉 取材・原文/中込久理

【関連記事】

最終更新:
OurAge