Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木村花さんが『テラスハウス』出演から亡くなるまで、何が彼女を追い詰めたのか

配信

週刊女性PRIME

《お前が早くいなくなればみんな幸せなのにな。まじで早くきえてくれよ》(原文まま) 【写真】テラハ出演当初と、直近放送回で大きく変わっていた木村さんの表情  現在放送中の恋愛リアリティ番組『テラスハウス2019-2020』に出演中だった女子プロレスラーの木村花さん(22)が、23日未明に亡くなったことがわかった。  木村さんは亡くなる直前と思われる午前3時に自分のSNSを更新。インスタグラムのストーリーには《愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。/さようなら》という意味深なメッセージを投稿し、一部のネット掲示板では心配する声もあがっていた。  また、木村さんがツイッターで最後に『いいね』をしたのが冒頭のコメントだった。『テラスハウスウォッチャー』の女性誌記者が解説する。 「ここ2か月ほど、花ちゃんのSNSは炎上していて、消えろなどのコメントはもうしょっちゅうでした。インスタグラムはコメント制限をかけていたのですが、ツイッターにはあらゆる罵詈雑言があふれていました。それを心配した母親で元女子プロレスラーの木村響子さんはアンチに応戦する姿勢を見せましたが、花ちゃんが亡くなる今日までアンチからの攻撃が止むことはありませんでした」  なぜ木村さんは亡くなったのか。テラスハウス入居からこれまでを振り返る。

◇バスケ選手への恋と失恋(2019年9月~)

 木村さんが『テラスハウス』に新メンバーとして入居したのは19年の9月(第20週)だった。4月からスタートした今シーズンにおいて5人目となる女子メンバーだった。 「それまでのテラハのメンバーは、どちらかというと心の内を明かさないタイプが多く、全体的に暗かった。そこに天真爛漫でストレートな物言いをする花が入居したことで“空気が変わった“と好評の声が多かったんです。スタジオメンバーも花のことはベタ褒め。あの山ちゃん(山里亮太)も見守っていました」(前同)  木村さんは入居してすぐにバスケットボール選手の田渡凌さん(26)にひと目惚れ。不器用ながらもアタックするが失恋。 「凌は花の好意に気づいてあえて避けるなどして“察しろよ”という大人のプレッシャーをかけますが、花は言ってもらえないとわからない。避けられ冷たくされる日々が続き、涙する場面が増えていきました」(同)  このころは放送回のSNSでも応援コメントが圧倒的に多く、ファンとの微笑ましいやりとりなども見られた。

【関連記事】