Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Go Toキャンセル話から見え隠れするご近所主婦たちの面倒臭い見栄

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 7月の4連休前に前倒し実施されるも、新型コロナウイルス感染拡大により直前で「東京発着除外」が発表されるなど、迷走ぶりが目立つ「Go To トラベル」キャンペーン。フリーライターの吉田みく氏が、同キャンペーンに翻弄されたパート主婦の体験をレポートする。

 * * * 「Go To トラベルキャンペーンを利用して旅行を計画していましたが……残念です」──そう語るのは、都内在住のパート主婦・藤田さん(仮名・50代)。現在、食品会社の事務として働いている。家族構成は、夫と高校生の子供が2人。

 藤田さんは、新型コロナで打撃を受けた旅行・観光業界の活性化をサポートしたいという思いから、「Go To トラベル」を利用しての旅行を計画していた。しかし、都民は対象から外されてしまった。新型コロナウイルス感染が広がっていたこともあり、旅行はキャンセルすることに。7月23~26日の4連休は自宅で過ごしたそうだ。

「ご近所の主婦仲間の間でもGo Toトラベルの話題が出たのですが、庶民的な私には理解しがたいというか……」(藤田さん、以下同)

 一体、どのような会話が繰り広げられたのだろうか。

「私がGo To トラベルを利用して旅行を計画していることを話した時、“え、Go To 使うの? 私は使わないなぁ~。面倒じゃない?”と言われたんです」

 そもそも「Go To キャンペーン」は、新型コロナウイルスにより打撃を受けた観光業や旅行業などを支援するための需要喚起策で、「Go To トラベル」のほか、「Go To イート」「Go To 商店街」「Go To イベント」がある。

「Go to トラベル」キャンペーンでは、利用者に旅行代金の割引と、旅先の地域で利用できる共通クーポンが支給される。一人当たり1泊最大2万円相当の補助が受けられることで話題となった。当初は9月よりスタートされる予定だったが、前倒しで7月22日より旅行代金割引のみが適用されることとなり、世間を賑わせた。しかし一部では、“申請手続きが面倒”、“宿泊先がキャンペーン対象かどうか、わからない”などの声もある。

【関連記事】