Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

埼玉の超人気カレー店『negombo33』が新宿に上陸! 絶品「ラムキーマカレー」を食べてきた

配信

食楽web

 埼玉県・西所沢にある『negombo33』といえば、創業約10年にして、全国のカレー好きが集まってくるスパイスカレーの名店です。2018年の「Japanese Curry Award」でメインアワードを受賞、同年にカレー激戦区である東京・高円寺(通称:日本のインド)に支店を出して話題になると同時に、レトルトカレーの「教えたくないお店の味」シリーズではカレー数種を次々と監修し、通販や成城石井などで大人気商品になるなど、なにかと話題のカレー店です。

 さらに、今年6月8日、東京・新宿のゴールデン街の一角に『negombo33』が間借り店舗をオープンしたというニュースも飛び込んできました。間借りカレーというと、無名の店が初出店するパターンはよく聞きますが、『negombo33』ほどの超人気店が間借りをするというのは意外です。そこで、早速食べに行ってきました。

塩加減が最高の名物ラムキーマカレー

 新宿ゴールデン街店のメニューは、『negombo33』の看板商品の「ラムキーマカレー」と酸味と黒胡椒の風味が効いた「ポークビンダルーカレー」の2つ。そこで、その両方が味わえる2種盛りを注文してみました。  まずは「ラムキーマカレー」から。ラムは、かなり粗めでゴロゴロ感のある挽き肉です。スプーンですくって口元に運ぶと、ラム肉の独特な香りと花山椒の香りがふわっと立ち、まだ食べていないのに、もうこの時点で美味しいと感じてしまう魅力があります。そして口に入れると、濃厚なラム肉とほろ苦いスパイスの風味が一気に広がります。塩気が強く、燻製の一歩手前かとも思えるほど旨みがギュッと凝縮されている。大胆さと繊細さを併せ持つ今まで食べたことがないタイプで、舌にガツンと印象が残ります。

 続いて「ポークビンダルーカレー」。ポルトガルの食文化に影響を受けて、西インド地域で誕生した歴史のある煮込み料理で、ビネガーやヨーグルトでマリネした豚肉をトマトやワイン、スパイスで煮込む家庭的な味わいが一般的。しかし『negombo33』の手にかかると、スープは、口をカッと熱くするほどの辛さから始まり、そしてスーッと抜ける酸味、さらに濃厚な豚肉の旨みが畳み掛けてきます。肉はほどよく食感を残しつつ柔らかい。これまた、今までに食べたことがないようなキリッとした印象のポークビンダルーなのです。

【関連記事】