Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

井上尚弥、次戦「10・31」と正式発表 2団体懸け、WBO1位マロニーとラスベガスでV4戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

トップランク社が正式発表、ドネア戦以来1年ぶりの世界戦へ

 ボクシングの米興行大手・トップランク社は8日(日本時間9日)、プロモート契約を結ぶWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦することを発表した。井上の戦績は19勝(16KO)、マロニーは21勝(18KO)1敗。 【動画】マロニーに勝ったロドリゲスが顔面蒼白で戦意喪失…井上尚弥が奪った“鮮烈ダウン”の実際の瞬間  井上は昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちして以来、約1年ぶりの試合。今年4月25日にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。  29歳のマロニーは2018年10月、WBSS初戦で前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けしたのがプロ唯一の黒星。今年6月には同級10回戦でレオナルド・バエズ(メキシコ)に7回終了TKO勝ちし、世界王座奪取に向けて井上との対戦を熱望していた。  10月31日のハロウィンにモンスターが米ラスベガスデビューを果たす。トップランク社の発表によると、井上が保持する2団体のベルトを懸けた試合となり「(WBA正規王座は)4度目の世界バンタム級タイトルの防衛戦となる」と説明した。試合は米スポーツ専門局「ESPN+」で放送される。井上はドネア戦でWBAスーパー王座を獲得するとともに、WBA正規王座は3度目、IBF王座は初防衛を果たしていた。

THE ANSWER編集部

【関連記事】