Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍以前はベッテルのフェラーリ残留が既定路線だった?「あれから全ての状況が変わってしまった」とチーム代表が説明

配信

motorsport.com 日本版

 2020年シーズン限りでフェラーリを離れることが決定しているセバスチャン・ベッテルは、来季以降の契約延長の交渉などは一切行なわれないまま、チーム代表のマッティア・ビノットから電話で「契約を延長しない」と言われたと暴露。それには非常に驚いたと話していた。 【動画】2020年F1オーストリアGPフリー走行2回目ハイライト  フェラーリはベッテルの離脱を発表した後すぐ、マクラーレンからカルロス・サインツJr.を獲得することを発表した。  これに対しビノットはオーストリアGPの金曜日、昨年冬の段階ではベッテルが確かに第一候補であったと主張。ただ新型コロナウイルスの流行と、それに伴う規則変更が引き金となり、計画を変えざるを得なかったと説明した。 「確かに我々は冬の間、公の場でもプライベートの場でも彼が常に第一候補であると言ってきた」とビノットは語った。 「冬の間、多くのドライバーがフェラーリでドライブするチャンスについて尋ねてくるのはいつものことで、実際にコンタクトをとっていた。それでも我々の立場は変わることなく、セブが第一候補だったんだ」 「その後何が起きた? ウイルスによるパンデミックが世界中を変えた。それはモータースポーツ界、F1界も例外ではなかった。予算の上限額も大幅に変わり、より厳しいものになった。(新しいテクニカル)レギュレーションの導入も2021年から2022年に延期となったし、それらは我々にとって大きなことだった」 「そしてマシンは2020年から2021年にかけてほとんど(開発が)凍結される。言ってみれば全ての状況が変わってしまったんだ」 「それに加えてシーズンもまだ始まっていなかった。セブにとっても、フェラーリのためにどれほどのモチベーションを持って走れるのか、コース上で証明する機会がなかった。それも彼にとって不幸なことだった」 「(新型コロナウイルスによって)シャットダウンされている間、我々フェラーリは最終的に自分たちの立場を見直さなければいけなかった。我々がそれ(ベッテル離脱)を責任を持って決断したのは事実であり、それを彼に伝えることになった」 「彼が驚いたと言っているとのことだが……確かに、彼は驚いていたと記憶している。それは理解できるし、驚くのも無理はない。彼は我々の決断を受け入れたが、今でもそれに完全に納得している訳ではないだろう」  このような経緯もあり、彼らの間には緊張が走っているようにも思われるが、ビノットはベッテルの長年の貢献に感謝する言葉を述べ、彼をひとりの人間として尊敬していると語った。 「これまでの5年間、そして今シーズンを含めると6年間、素晴らしい期間だったと思う。彼は偉大なチャンピオンで、同時に素晴らしい人間だった。フェラーリの誰もが、彼との時間を大切に思っているだろう」 「その点において我々は彼を非常に尊敬している。私も個人的に彼をとても尊敬している。プロフェッショナルとしても、ひとりの人間としてもだ。それは我々がこういう決断を下した中でも、一切変わっていないことだ」

Adam Cooper

【関連記事】