Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

政府サイトの「IE縛り」は何が問題なのか? ネットでは「エンジニアがかわいそう」「発注側の問題では」などの声

配信

ねとらぼ

 7月13日、日本経済新聞の「デジタル政府、『IE縛り』の急所 情報漏洩の守りに不安」という記事が発端となり、Twitterでは「IE縛り」がトレンド入りしました。 【画像:見てわかる「IE縛り」への意見(多数)】  IEは、マイクロソフトがかつて開発していたインターネットブラウザ「Internet Explorer」の略称です。記事では、マイナンバーカード所有者に対し、買い物などで使えるポイントを還元する「マイナポイント」をパソコンで申し込む場合に「Internet Explorer 11(IE11)」でないといけないことについて言及しています。  また、Twitterでは「IE縛り」がトレンド入りしたことで、ユーザーからはさまざまな反応が得られました。実際にどのような反応があったのかを見ていきましょう。

● 「IE縛り」の評価は?

 SNS分析ツールで「IE縛り」を解析した結果、ネガティブな反応が66.7%、ポジティブな反応が33.3%と分類されました。

● 「IE縛り」の盛り上がりは?

 7月13日9時に最も大きく盛り上がり、その後も継続して話題となっています。

●なぜIE縛りが問題視されているのか?

 そもそも、なぜIE縛りが問題視されているのでしょうか?  真っ先に挙げられる問題として、IE11を利用しているユーザーが少ないという点が挙げられます。ウェブレッジのWebブラウザシェアランキングTOP10を見てみると、最もシェア率が高いのは「Chrome 83.0」で43.15%。次いで「IE11」が2位となっていますが、シェア率は9.26%となっており、1位のChromeと比べるとシェア率は大幅に減少しています(参考:WebブラウザシェアランキングTOP10(日本国内・世界))。  IE11はWindows 8.1では標準ブラウザとして搭載されていましたが、Windows 10ではIEに代わるインターネットブラウザ「Microsoft Edge」が標準ブラウザとなっているため、シェア率に大きく差があるのだと見られます。  なお、Mac OSでは「Safari」が標準ブラウザとなっています。Mac OSでIEを使用するためには特殊な導入方法が必要となるため、ネットでは「Macユーザーはそもそも視野に入れられていないのではないか?」との指摘も見られました。  また、1月18日には情報処理推進機構(IPA)により、IEの脆弱性が指摘されていました。2月12日にはマイクロソフトによる修正プログラムが提供されましたが、この件もあってかIEのセキュリティを懸念する声も少なからず見られます。  マイナポイントではマイナンバーを扱うことから「このご時世、民間企業ではセキュリティ強化の為にIEをやめるシステムも多いのに……。マイナンバー自体の管理が堅牢でも、周辺システムの脆弱性から漏れる可能性は十分ある」と指摘する声も見られました。

【関連記事】