Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「闘う相手は人間ではなくウイルス」コロナ感染者らへの中傷が相次ぐ中、ある市が出した宣言とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、千葉県松戸市が「人権尊重緊急宣言」を発表しました。宣言は、新型コロナの感染者や、医療・介護関係者ら、またその家族への差別や偏見、いじめに反対するものです。宣言では「差別や偏見は決して許されるものではありません」と明言し、「闘う相手は人間ではなくウイルスです」と指摘しています。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子 】

「差別や偏見は決して許されるものではありません」

宣言では、感染者やその家族、または医療や介護の現場の最前線で働く関係者など「社会生活を支えるため日々奮闘している多くの関係者やそのご家族に対する差別・偏見やいじめ等が社会問題となっています」と指摘。 そのような差別に対し市は、「人権は、いかなる場合でも尊重されるべき基本的な権利であり、このような差別や偏見は決して許されるものではありません」としました。 また、「感染のリスクは誰にでもあります」とした上で、「偏見や差別的な言動に同調せず、正しい情報と知識に基づいた行動をとることがなにより大切です」と述べています。 宣言の発表について、松戸市行政経営課の担当者はBuzzFeed Newsの取材に対しこう話します。 「都心部を中心に新規感染が増加している中、感染者や医療関係者、物流に従事している人やそのご家族が差別や偏見にあうということが全国で発生しています」 「いくら気をつけていたとしても、誰もが感染する可能性があります。感染者や関係者に対して、差別したりしないでと伝えたいです」 コロナ感染者や医療・介護関係者に対する差別や偏見に関しては、法務省も「許されないこと」と呼びかけてきましたが、実際に、SNSなどインターネット上での誹謗中傷なども散見されています。

市長「なった人に責任はありません」

松戸市の公式YouTubeチャンネルで、本郷谷健次・市長は「一番大切なのは、新型コロナウイルスにかかった人、あるいは関係者に対して、偏見や差別を絶対に行ってはいけないということ」と呼びかけています。 市長は、コロナが松戸市でも感染拡大しており、「市中感染がどこで起きてもおかしくありません」とした上で、「社会みんなでコロナウイルスが蔓延しないように、努力することが必要ですが、なった人に責任はありません」と指摘しました。 また、医療関係者の家族に対しても、「大変、偏見が心配されます」として、こう述べました。 「子どもたちが幼稚園・保育園に行っている時に、お母さん、お父さんが保育士であったり、お医者さんであったりする時に『本当に大丈夫なのか』と、こういう心配をされる方もいます」 「保健所と市が一緒になって感染拡大しないように最大の努力をしていますし、病院関係者においては、普通の人以上に感染しないように、万全な対策をうっています。従って、安心して生活を送る、感染者になったときには拡大しないように、そして皆で助け合うということがたいへん大切だと思います」

【関連記事】