Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

坂田阿希子 よく食べ、よく眠れるのは運動のおかげ

配信

日経ARIA

雑誌『日経ヘルス』から、「カラダ想いなのに簡単に作れる」という料理レシピをご紹介。毎回、人気の料理人・料理研究家が登場します。健康を支える「3つのキーワード」と、簡単に作れておいしくヘルシーなレシピを伝授していただきます。 【関連画像】豚肉のオイルマリネ焼き。体に良い油を選んでたっぷり使っておいしく 坂田阿希子さん 料理研究家。料理教室「studio SPOON」主宰。料理研究家のアシスタントの後、フランス菓子店、フランス料理店などでも経験を重ね、独立後も国内外でおいしいものを探求中。『和食のごちそう』(主婦と生活社)、『坂田阿希子の肉料理』(文化出版局)など著書多数。  「いつも元気だね」ってよくいわれますが、特別なものを食べているわけではないんです。野菜も好きだし、肉も魚も好き。とにかくおいしいものには目がありません。  食べるのと同じくらい好きなのが、体を動かすこと。4年前からバレエを習い始め、今では週3回、1時間半から3時間のレッスンを受けています。終わった後はお腹がすいているので、常備しているサラダやおかずが大活躍。しっかり食べて、夜もぐっすり眠ります。  日々、自分のリズムに合わせて無理なく生活し、ストレスをためないことも、元気の秘訣かもしれません。 坂田阿希子さんの3つのキーワード (1)オイルを味方にする (2)単品サラダをストック (3)スパイスで体をシャキッとさせる 「よく食べ、よく眠れるのは運動のおかげ。ストレスをためず、体の声を素直に聞きます」

漬けるだけ、焼くだけの肉のオイルマリネが便利

 オイルは料理をおいしく仕上げるのに欠かせないもの。私は「おいしい!」って幸せを感じながら食べるのが何より大事だと思うので、量を控えたりせず、オリーブオイルもバターもしっかり使います。そのほうが満足でき、ストレスもたまりません。  よく作るオイルマリネは、肉がふっくら柔らかくなり、風味も良くなります。準備しておけばさっと炒めるだけ。鶏肉や牛肉でもOKで、日持ちもします。  たっぷり使う分、オイルはできるだけ良質なもの、安心して使えるものを選んでいます。 肉がしっとり柔らかくなる 豚肉のオイルマリネ焼き [1人分]566kcal・塩分2.5g[調理時間]50分 【材料(3人分)】 オイルマリネ  豚バラ薄切り肉…300g  塩…小さじ1/2  黒コショウ…少々  オリーブオイル…大さじ2  レモン汁…小さじ2 紫キャベツのコールスロー  紫キャベツ…4分の1個  塩…小さじ1/3  オリーブオイル、酢…各小さじ2 ヨーグルトソース  プレーンヨーグルト…1/2カップ  ニンニクのすりおろし…少々  タバスコ…少々  オリーブオイル…大さじ1  クミンパウダー…小さじ1/2  塩…小さじ1/3  コショウ…少々 トマト…(1cm厚さの輪切り)…2分の1個分 ミントの葉…適量 【作り方】】 1. オイルマリネを作る。ファスナー付き保存袋に豚肉を入れ、残りの材料を加えて袋の上からもみ込み、冷蔵庫で30分ほど置く。 2. 紫キャベツのコールスローの紫キャベツは細めの千切りにする。鍋に湯(分量外)を沸かし、キャベツを入れてさっとゆでてざるに上げ、水気をしっかりと絞る。ボウルに入れ、残りの材料を加えてあえる。 3. 小さめの器にヨーグルトソースの材料を入れて混ぜ合わせる。 4. フライパンを強火で熱し、1をマリネ液ごと入れて強火で炒める。肉の周りがカリッとしたら火を止め、器に盛る。 5. 紫キャベツのコールスローとトマトを添えてミントの葉をのせ、ヨーグルトソースを添える。 豚肉のマリネは袋のまま冷蔵庫に入れておけば、3日間は保存できる。

【関連記事】