Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉村知事 井戸兵庫県知事の「前のめりになりすぎ」発言に「それは井戸知事のご意見」

配信

デイリースポーツ

 大阪府の吉村洋文知事(44)が20日、大阪府庁で定例会見を行った。新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が大阪、京都、兵庫の3府県で21日にも解除されることに対し、兵庫県・井戸敏三知事(74)が「前のめりになりすぎているのでは」と慎重な姿勢をみせたことについて「それは井戸知事のご意見」と話した。  吉村知事は緊急事態宣言について「僕は解除したいと思う。(大阪府は)感染者も0人の日もあるし、1人とか3人とか、右肩上がりではなく右肩下がり基調になっている」と主張。「出血を伴う休業要請を出していることを考えると、関西全体をみても解除されるべき」とした。  その上で「休業要請の範囲は近畿3府県でできるだけ足並みをそろえたいと協議している」と協議は継続していることを明かし「(休業の範囲を)統一したいが、最終的にはそれぞれの自治体の判断でやると思う」と話した。  21日の対応について「安倍首相の会見を受けて、夕方には最終的な対策会議を行い、夜に方向性を発表する」と説明。現在、休業要請している「クラスターが実際に発生した事業者、その事業に類似する事業者、100平米以上の遊興施設、接客を伴う夜の飲食店」を中心に、営業再開を協議する予定。「きちんとした感染防止対策が取れるか、事業形態としてリスクがどれくらいあるか。またクラスターが発生した時のことを考えて判断したい」とした。

【関連記事】