Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハットトリックの鎌田大地、最高の結果に安堵「今日の試合が勝負だと思っていた」【EL】

配信

フットボールチャンネル

【フランクフルト 4-1 ザルツブルク EL決勝トーナメント1回戦1srレグ】  ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、フランクフルト対ザルツブルクの試合が現地時間20日に行われた。ホームのフランクフルトが4-1の勝利をおさめている。試合後、フランクフルトに所属する鎌田大地が取材に答えた。 【組み合わせ・対戦表】UEFAヨーロッパリーグ ラウンド32  フランクフルトに所属する長谷部誠と鎌田大地、そしてザルツブルクの奥川雅也は共に先発出場。12分、鎌田がペナルティーエリアでトゥーレからパスを受けると、右足を振り抜いて先制点を決めた。続けて43分、長谷部が起点となりソウのスルーパスを受けた鎌田が落ち着いてシュートを放ち追加点を決める。  さらに53分、左サイドからのクロスを鎌田が頭で合わせて3点目。ハットトリックを達成しリードも3点にひろげた。直後の56分にはフランクフルトのフィリップ・コスティクも得点を決める。85分にファン・ヒチャンにPKを決められて失点するも、リードを守り切ったフランクフルトが4-1の勝利をおさめている。  ハットトリックを達成したことについて鎌田は「そうですね、欲を言えばチャンスもうちょいあったので、ゴールを決めたりアシストを記録できれば良かったなと思いますけど。まあ、怪我で出遅れていたのと、チームが良い流れでなかなか試合にも出れてなかったので。今日良くなかったら、また時間かかるだろうなと思っていたので。今日が勝負だなと思っていた試合で結果残せてね。ほっとしています」とし、アピールに成功したことに安堵した様子を見せた。  自身3点目はヘディングシュートだったが「「そうですね、プロ2年目のアビスパ戦においてヘディングで点入れたことありますけど。ラッキーだったというか、あれがね。オウンゴールにならずに点になるんだったら、ブンデスリーガのオウンゴールになったやつを点にしてほしいぐらいだなと思いましたけど。まあ、今年に入ってから、自分でも思いたくない部分もありましたけど、厄年ちょっと重なって、良いスタートが全く切れてなかったので。どうにかして自分で流れを変えたいと思っている中で、上手く流れをね、自分でものにできたというのは本当にすごく大きい。僕にとっても、チームにとっても大きなゲームだったかなと思います」と語っている。 (取材:本田千尋【フランクフルト】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】