Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ「陰性なら安心」が間違いな理由 伝えたメディアの罪、首長でさえ理解不足

配信

47NEWS

 新型コロナウイルスが、全国で再拡大している。その間「PCR検査」や「抗体検査」の言葉が一般にも広く知られることになった。しかし、テレビでさえ「陰性なら安心」と、罪のある誤情報を伝えている。実際は、どのように考えればよいのか。五本木クリニック(東京)の桑満おさむ院長に寄稿してもらった。   ■驚きだった松井市長の発言  「Go To トラベル」をめぐり「旅行に行く人が希望すれば無料で抗体検査を受けられる仕組みを構築したい」という趣旨の松井一郎大阪市長の発言に、筆者は驚いてしまった。抗体検査の仕組みについて、理解しているとは言えなかったからだ。  抗体は、ウイルス感染していることを表す「IgM」と、過去に感染したことを表す「IgG」があり、抗体検査の組み合わせによって「まだ感染したことがない」「感染したことがある」「感染している」の3通りの結果が得られる。  もし「感染している」との結果が得られたら、その人はそれまでに第三者に感染させている可能性があり、大阪市内で数週間隔離されることになる。「感染したことがある」との既往を得られても、その人が「今後は感染しない」とは言い切れないと、現時点では考えられている。また「感染したことがない」との結果であると、観光中に感染するリスクを含む。

  ■感染症学会も「推奨できない」  現時点で知られている抗体検査の信頼性も、高いとは考えられていない。筆者が確認できただけで20種類近くの検査キットが販売されており、中には開発した会社が非開示のものさえある。日本感染症学会は、抗体検査キットは感染の診断活用には推奨できない、と公式に述べている。  さらに、感染していることを表すIgMが陰性であっても安心はできない。国立感染症研究所の性能評価では「IgMは感染初期には陽性にならない可能性が高い」とされているからだ。「陰性だから」と安心して旅行を続けると、旅先で発症するだけではなく、感染源にさえなってしまう懸念は払拭できない。   ■100%はありえない  また、検査には感度と特異度という用語があり、得られた結果について考える際、理解しておく必要がある。  「感度」は実際にウイルス感染している人のうち、検査で陽性と判定される人の割合のこと。「特異度」は感染していない人のうち、検査で陰性と判定される人の割合のことである。感度・特異度ともに100%はありえない。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS