Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

江川と同室でスタート、働き場所を失って移籍を志願。鹿取義隆の19年/プロ野球20世紀・不屈の物語【1979~97年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 元巨人・鹿取義隆インタビュー「あの年は、ほんと幸せだった。よく使ってもらったと感謝しています」

メンタルも強靭

 巨人で先発完投を重視する藤田元司監督が復帰した1989年に20勝を挙げてエースに名乗りを上げた斎藤雅樹については2度にわたって紹介したばかりだ。光があるところには必ず影がある。完投する力のある投手が真価を発揮した一方で、活躍の場所を失ってしまったのが、連投に次ぐ連投でも安定感を維持するリリーバーだった。藤田監督の前任は、王貞治監督。その必勝リレーを担った鹿取義隆は、特に登板機会が激減した。シーズン終盤からトレード報道が盛んになり、最終的には自ら移籍を志願。新天地の西武で、さらに輝きを放つことになる。  87年にはリーグ最多の63試合に投げまくって7勝18セーブを挙げた鹿取。王監督が率いた5年間では275試合に登板している。王監督が必勝パターンにこだわったこともあり、酷使を意味する「カトられる」が流行語になったりもしたが、当の鹿取には充実感があり、「酷使なんて思ったことはない。使ってもらえるなら燃焼しよう、壊れてもいい、監督の期待に応えたい、と思った」のだという。トレードマークといえる絶対的なウイニングショットがなく、ストレートのキレと低めへの制球で勝負する、当時としても異色のリリーバー。のちに最大の武器として「どんなときでもド真ん中に真っすぐを投げられる気持ちと投げ方」を挙げている。メンタルもタフだったのだ。  入団は79年。ドラフト外での入団だったが、この前年の秋は、史上もっとも荒れたドラフトだった。巨人はドラフトをボイコット。野球協約のスキを突いた“空白の1日”で江川卓と契約したことが問題になった、いわゆる“江川事件”だ。これについては以前、江川の1年目を紹介した際に詳しい。結局、江川は阪神を経て巨人への入団を果たすのだが、チーム内には不協和音が残り、当時まだ現役だった王が「江川くんと同室だったら?」と訊かれ、「できれば避けてほしい」とこぼしたことにも触れた。  そんな江川と宿舎で同室になったのが1歳だけ江川より年下で、日米野球でチームメートだったこともある鹿取だ。背番号も鹿取が29、江川が30。一挙手一投足、なにかと騒がれる江川と、行動をともにすることも多かった。「江川さんは同世代のヒーロー。大変だな、ってファンみたいな気持ちで応援していたよ」と鹿取は当時を振り返っている。1年目からリリーバーとして適性を発揮して、オフには伝説の“地獄の伊東キャンプ”にも参加。「あんなに練習したのは生まれて初めてでしたが、心身ともに大きくなれたと思います」という。

【関連記事】