Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

入社者の認知率100%を達成! DeNA採用オウンドメディア担当者が明かした、意外なアナログPR施策とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

オウンドメディアの中でも採用オウンドメディアに取り組む企業が増えている。採用につながるコンテンツの作り方、採用見込みの候補者への届け方など、採用ならではの運用ポイントがある。 本連載では、株式会社はてなの磯和太郎氏をインタビュアーに迎え、さまざまな人にオウンドメディアの運営、コンテンツ制作、継続の秘訣について訊いていく。第3回は、株式会社ディー・エヌ・エー ヒューマンリソース本部 人材開発部部長 風早亮氏、ヒューマンリソース本部 人材開発部 フルスイングプロデューサー 榮田佳織氏にお話をうかがった(両氏とも所属・役職は取材当時)。 ◎撮影: 永友ヒロミ フルスイング 2017年10月に開設し、ヒューマンリソース本部にて運営。DeNAで働く社員のインタビューや対談、DeNAのカルチャーや人事制度、環境などを発信するオウンドメディア。  

自分の意志で異動できる制度を使って編集部に

磯和: 榮田さんは、編集者未経験で「フルスイング」のプロデューサーになったと聞いています。抜擢されたのはどんな経緯があったのですか? 風早: 榮田は以前ゲームプラットフォームの事業部にいて、私が上司でした。DeNAには、働きたい事業部に直接熱意を伝えて異動する「シェイクハンズ」という人事制度があります。当時榮田が人や組織に関わる情報を発信したいと言っていて、そこに「フルスイング」の募集があったので、私が背中を押して送り出しました。その2年後に私も異動でHR本部に。再び同じ部署になりました。 磯和: 榮田さんがメディア運営をやりたいと思った理由は? 榮田: 前職でクライアントのメディアづくりの支援をしていたのですが、それがとても楽しくて。その経験を活かした仕事をしたいなと。また、当時違う事業部だったのですが、もっと人や組織に関わる仕事がしたいと思っていたときに、ちょうど「フルスイング」が立ち上がり、風早経由で担当者との面談の機会をもらい、お互いに思いがマッチしたので異動することになりました。 磯和: 「フルスイング」は、採用ブランディングを目的に運営されています。当初ターゲットにしていた「DeNAで働く価値に気づいていない潜在層」から、最近では「DeNAに応募を検討している顕在層」までターゲットを広げているということですが、なぜでしょうか? 榮田: 実際にDeNAで働くことを検討されている方にも、DeNAの魅力を候補者に伝えきれていないという課題があったからです。入社者から「DeNAは、スマートに計算して動いている、ロジカルでドライな人が多いと思っていたけれど、入社してみると泥臭いことを地道にやっていたり、サービス好きな人が熱量高く働いているとわかった」と聞くことがよくありました。そこで、今後事業が変わったとしても変わらないであろう、DeNAの核である人とカルチャーを発信すれば、よりマッチした人材の採用につながると考えました。  

【関連記事】