Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大倉忠義&成田凌の表情とセリフの数々が 『窮鼠はチーズの夢を見る』6種の新ポスター公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月11日公開の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』より、6種の新ポスタービジュアルが公開された。 【ほか場面写真多数】椅子にちょこんと座る成田の姿が  『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』『劇場』の行定勲が監督を務めた本作は、水城せとなの漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写映画化した人間ドラマ。  受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた大伴恭一(大倉忠義)は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)と7年ぶりに再会する。「ずっと好きだった」という渉からの一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていく。  新たに公開されたポスタービジュアル6種は、原作にも登場する印象的なセリフと場面写真を組み合わせたもの。大倉と成田が一番胸に響いたとして挙げている「恋愛でじたばたもがくより、大切なことが人生にはいくらでもあるだろう」という恭一が今ヶ瀬を諭すセリフのほか、今ヶ瀬の度重なるアプローチに翻弄されていく恭一の心情が伝わってくる「こういう幸せも、あるんだろうか」や「俺は、お前を選ぶわけにはいかないよ」など、本作の印象的なセリフの数々が、今ヶ瀬と恭一の印象的な表情とともに綴られている。  また、すでに解禁されているポスタービジュアル、原作者の水城によるイラスト版ポスタービジュアルとあわせて、代官山 蔦屋書店(9月4日~9月20日予定)や六本木 蔦屋書店(8月24日~9月18日予定)などでの連張りでの掲出も決定している。なお、掲出される店舗・場所によって、掲出枚数は異なる。

リアルサウンド編集部

【関連記事】