Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武豊と怪物の絶品コラボ モンファボリ★評価は函館2歳当確レベル【2歳馬チェック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
優馬

余裕綽々で5馬身レコード モンファボリ

6/20(土) 東京5R 2歳新馬 芝1200m モンファボリ 牝 馬体重:412kg ★★★★★★★ 7点 騎手:武豊 厩舎:(栗) 須貝 生産:ノーザンファーム 馬主:サンデーレーシング 父Frankel 母フォエヴァーダーリング(Congrats) 【写真】500キロ台の牝馬クールキャットがデビュー勝ち ポンと好スタートを決めて楽にハナへ。勝負所でもずっと楽な手応えで、追い出しを始めた後続とはかえって差がついていたくらい。直線で軽く鞍上・武豊の手が動いたが、最後は流す余裕で5馬身差の圧勝。しかも1分8秒7の勝ち時計は2歳レースレコード。同日の古馬2勝クラスが1分8秒5だから相当なもの。函館2歳Sの主役はこの馬だろう。 ■馬体診断 412キロと小柄な数字ではあるが、パドックで見た印象ではそれほど線の細さは感じなかった。スッキリとした仕上がりで気性も前向きな様子。いかにも短距離向きというタイプ。脚長に見せるストライドから多少距離が延びても、と思わせるが、マイル戦となると長いかもしれない。 ■血統診断 母フォエヴァーダーリングはアメリカで走り、ダート1300mのGIIを勝っている。怪物と呼ばれた父フランケルの産駒はモズアスコット(安田記念・フェブラリーS)を筆頭に、やはりマイル色が強め。日本では1200mよりも1400m~1600mでの成績が良く、本馬は意外にもフランケル産駒初の1200mで逃げ切り勝ちとなった。母の影響が強く出ているとみて、適性はスプリント寄りと言える。 将来性まとめ→現状では1200mがベスト、1400mまでといった印象。スタートセンス、スピード能力は一級品で、函館2歳Sでは主役を張れる存在だろう。

【関連記事】

最終更新:
優馬