Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナでプラゴミ問題が再燃する 感染対策で商品手渡し減り、ニュージーランド【世界から】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 ニュージーランドで新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されてから約2カ月がたつ。感染拡大の防止を目的に3月25日には「国家非常事態」が宣言され、買い物などを除くいわゆる「不要不急の外出」が厳しく制限されることになった。感染の可能性がある人を含めた感染者数200人あまりで導入した迅速な対応が奏功し、同国は感染拡大の抑え込みに成功しつつある。アーダン首相は4月20日の記者会見で国民に課してきた厳しい外出制限を27日午後11時59分から緩和すると発表。建設業や製造業など一部の経済活動や学校再開も認めた。  しかし、宣言後に食料品を買いに出かけた筆者は自分の目を疑う光景に出くわしてしまった。あれほどプラスチックからの脱却に熱心だったスーパーマーケットでプラスチック包装が増えていたのだ。逆行してしまったニュージーランドのプラスチックごみ問題について考えたい。(ニュージーランド在住ジャーナリスト、 共同通信特約=クローディアー真理)

 ▽きれいになる空気  ニュージーランド政府はコロナウイルスへの警戒度を4段階で定めている。国家非常事態宣言に伴い、最も厳しいレベル4に引き上げられた。これを受け、世帯単位で行う自宅での「自主隔離」が原則となった。企業の社員らは在宅勤務となり、全ての学校も休校となった。引き上げ前の「レベル3」から実施されてきた①飲食店や映画館、スポーツジムなどの閉鎖②室内外を問わず集会の禁止③公共交通機関は必要不可欠な業種に携わる人らの利用に限る―は継続された。一方、病院や薬局、スーパー、銀行などは縮小営業に切り替わった。  レベル4になったことを受けて、全国の街が閑散としている。国内最大の都市で経済の中心であるオークランド市に限らず、どの街でも目抜き通りに並ぶ店舗は軒並み閉店しており、人影もほとんどない。一日を通して車の数は激減し、恒例となっていた朝夕の交通渋滞はなくなった。27日深夜からは一段階引き下げた「レベル3」になった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS