Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロアッソ、中2日の連戦 疲労回復が鍵 12日、ホーム相模原戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
熊本日日新聞

 明治安田J3第15節、2位のロアッソ熊本は12日午後7時から、えがお健康スタジアムで8位の相模原と対戦する。9日の長野戦は、相手の手堅い守備に苦しみ1-2で敗れた。中2日の連戦に向け、MF伊東俊は「うちは技術があるのでハードワークできるかが大事。コンディションを整えたい」と疲労回復を勝利の鍵に挙げる。  長野戦の立ち上がりは自陣でのパス回しが停滞し、敵陣に入る回数が少なかった。大木武監督はMFやFW陣が、相手選手の前に立って味方のパスを待っていたと指摘。「相手の(死角となる)背後から受けにいくべきだった」とポジショニングの修正点を挙げた。  長野戦では、守備のカバリングのまずさから失点した。MF河原創は「もったいなかった。声掛け一つで変わる」と反省。10日の守備練習では、選手同士がすぐカバーに行ける距離を保つ位置取りを再三確認した。  相模原はキックの精度が高い元日本代表のMF藤本淳吾や、8ゴールで得点ランク3位のブラジル人FWホムロを擁する。河原は「難しい試合になると思うが、勝ち点を取りに行く」と静かに闘志を燃やした。(植山茂)

【関連記事】