Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

みのもんた 小池都知事を絶賛「鼻っ柱が強い女性がタイプ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 タレント・みのもんた(76)が30日放送の読売テレビ「朝からみのもんた」(前6・30)に出演し、新型コロナウイルスに関する小池百合子東京都知事の対応について語る。  「朝から-」は8月からスタートした、みのの新冠番組。3回目の今回も小島瑠璃子をパートナーに、視聴者や芸能人から寄せられたあらゆる質問に、みのが言いたい放題の勢いで答えていく。  元宮崎県知事でタレントの東国原英夫からの「小池都知事のコロナ対応を見てどう思いますか?」という質問に対し、みのは「素晴らしい!」と間髪入れずに断言。さらに、小池知事のイメージ戦略についても言及し「小池さんは私服や制服を着て、いろんな格好で会見をやっていておしゃれですよね」と絶賛する。  続けて、みのは「都知事選に初めて立候補する前に、自分の写真集を出していたんだよね」と、2017年に発売された小池知事の写真集「YURiKO KOiKE 1992-2017」について斬り込む。「長い付き合いのあるカメラマンに撮ってもらってね。それでその写真集のページをめくるたびに体臭が匂ってくる。もうたまらなかったね!」と満面の笑みも。みのは小池知事のような気の強い女性が好きだといい、「鼻っ柱が強い女性がタイプ。でもって、その鼻っ柱がポロっと折れる瞬間がいい」と語る。  政府の「Go to トラベル」政策についても話しはじめ、「小池さんは『外出は控えてほしい』と言っているが、国は『旅に行け』と言っている。これじゃ国民が迷っちゃうよね」と混乱が生まれている現状を憂いながら、「一番いいのは出かけないこと。外出は一切禁止」と持論を展開していく。  みのは実際に、コロナ禍において大好きな銀座のクラブ通いをやめたそうで「よく『今も飲みに行ってる?』と聞かれるけど、行くわけないだろ!そもそも飲みに行っても膝と膝が1メートルも離れてたら、自分は『金返せ!』ってなる(笑)」とクラブ通いをやめた理由を明かす。

【関連記事】