Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

夏用の帽子を家で洗う方法。麦わら帽子はタオルでお手入れ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

すっかり秋の気配です。夏に使った衣類を衣替えする前に、きれいに汚れを落としておきましょう。洗濯のプロ集団「洗濯ブラザーズ」に、帽子と水着の洗い方を教えてもらいました。

家で夏用の帽子を洗う方法

夏用の帽子は優しく手洗いして型崩れを防ぎます。

(1) 目立たないところで色落ちチェック まずは洗濯表示を確認。手洗いできるものなら、つばの裏側など、目立たないところにタオルなどで洗剤をつけてみて、色落ちチェックを。

タオルに帽子の色がつくようなら、洗剤をさらに弱いものに替えるか、手洗いするのはやめる。

(2) 手洗いする 汗ジミなど気になる部分があれば、まずはプレウォッシュ液を直接スプレーし、洗濯ブラシなどでたたいて約15分おいて洗い流しておく。次に、常温の水に洗濯用液体洗剤を表示どおりに溶き、帽子を入れて押し洗い。

<プレウォッシュ液のつくり方> スプレーボトルに洗濯用液体洗剤(弱アルカリ性または中性)を入れ、同量の水道水を加えて軽くふり、混ぜる。1週間以内に使いきる。

(3) シャワーですすぐ 型崩れを防ぐため、シャワーを使ってすすぎ、洗剤成分をよく落とす。

(4) タオルドライして陰干し 乾いたタオルで全体の水気をよくふき取り、内側にタオルなどをつめて形を整える。

風とおしのよい場所で陰干しする。

ナイロン製のアウトドア用帽子なら、ネットに入れて洗濯機で洗ってもOKです。

●水洗いできない麦わら帽子や日傘のお手入れ方法

・麦わら帽子 洗濯用液体洗剤を表示どおりに水に溶き、タオルを浸して絞り、額が当たる内側のリボンについた皮脂汚れをふく。次に、水ぶきで洗剤を落として。洋服用ブラシで全体のホコリを払えばOK。

・日傘 おしゃれ着用中性洗剤を表示どおりに水に溶き、スポンジを浸して目につく汚れを軽くたたいたあと水ぶき。シルクなどデリケート素材はシミになることがあるので、プロにまかせて。

家で水着を洗う方法

使い終わったらすぐ塩素や海水を水で流すのが大切です。その場ですすいでから持ち帰るのがベスト!

【関連記事】