Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

試合の流れを変えるキーマン…今季のラ・リーガで最高の“ジョーカー”は誰?

配信

SOCCER KING

 6月11日に再開するリーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)。中断前からの変更点として注目されているのが、交代枠の増加だろう。  すでに再開したブンデスリーガと同じように、ラ・リーガでも交代人数は各チーム3人から5人に増える。そうなれば、ベンチメンバーの重要性がこれまで以上に高まることが必至だ。  では、今季最高の“ジョーカー”と言えば、どの選手になるのだろうか。スペイン紙『マルカ』は2日、データ分析会社『driblab』の協力を得て、途中出場選手のパフォーマンスを分析。優れた数値を残す6選手を紹介している。  なお分析対象となったのは、途中出場が7試合以上、また総出場時間が350分以上の選手たち。ただし、レアル・ソシエダのFWアレクサンデル・イサクのように、2020年に入ってからスタメン出場することが多い選手は含まれていない。

◆アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ/MF)

今季リーグ戦成績:22試合出場(途中出場:14)/6得点  今季出場した22試合のうち14試合は途中出場。それでもリオネル・メッシ(19ゴール)、ルイス・スアレス(11ゴール)、アントワーヌ・グリーズマン(8ゴール)に次ぐ6ゴールを決めている。『マルカ』によると、87%以上のパス成功率をたたき出し、フリーランニングを繰り返すことでゴールシーンにも間接的に貢献しているという。また、出場90分あたりのタックル成功率は67%を記録。リーグ有数のボールハンターとしても欠かせない存在だ。ポゼッションスタイルに回帰したバルサにあって、自らの特長を存分に発揮しており、優勝争いでも“影のキーマン”となりそうだ。

◆ダルウィン・マチス(グラナダ/FW)

今季リーグ戦成績:26試合出場(途中出場:16)/6得点  今季序盤戦に、46年ぶりの首位浮上を果たしたグラナダ。後半戦に入っても粘り強い戦いを見せ、欧州カップ戦出場権争いに絡んでいる(現在8位)。そんなチームで“攻撃の切り札”として活躍するのがベネズエラ代表FWのマチスだ。出場90分あたりのドリブル成功数は「2.37回」。この数値は際立ったものではないが、彼の場合はボールを失う回数も少ないのだという。その結果、多くのシュートを打つことができ、チャンスも演出できる。ここまで6ゴール3アシストを記録しており、得点関与数「9」はチームトップになる。

【関連記事】