Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「加山雄三」の母、「板東英二」の妻も…民間に流出した「旧華族」の血

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

皇室が一大財閥であることを知らされた国民の間に…

 昭和22年、GHQの皇室改革によって11の宮家が皇籍を離脱、華族制度も廃止され、戦前の特権を失った人々は「没落貴族」と評された。その結果、彼らは否応なしに「平民」との自由な「血の交流」を始めることになった。「ごきげんよう族」と呼ばれた人々の戦後は、高貴な血を引く女性たちの解放の歴史でもあったのだが、これを主としてその情熱の面から辿ってみた。 【写真】「昭和のフィクサー」に嫁いだ美人「旧華族」 ※2001年6月28日号に掲載された記事を再編集したもので、肩書や年齢は当時のママです。  ***

「虚脱状態」「四等国」「一億総懴悔」「GHQの命により」「タケノコ生活」「浮浪児」「洋モク」「DDT」……。  昭和20年の流行語は、どれも解説を加える必要がないほどに分かりやすい。  その中から、敢えて流行語大賞を選ぶとすれば、 「ギブ・ミー・チョコレート」  やはり、これであろう。  ジープに乗った米兵たちに哀願すれば何かがもらえる。しかし、そのためには多少なりとも英語を覚える必要がある――というわけで、9月半ばに発売された『日米会話手帖』は、3カ月間で360万部も売れた。  1冊80銭の教則本が大増刷を重ねていた10月30日、GHQは皇室の財産を発表し、国民を仰天させた。  それによれば、皇室の財産総額は実に15億9000万円。念が入ったことに、この額には金塊や宝石などは含まれていないと付け加えられた。  皇室が一大財閥であることを知らされた国民の間に、言うに言われぬ感情が渦巻いたのは想像に難くない。  11月18日、皇室財産の凍結指令が出され、12月2日には梨本宮守正王が戦犯として逮捕された。  年明けの21年元日には、天皇による、いわゆる「人間宣言」があり、5月には世田谷の「米よこせ」デモが宮内省食堂を検分するという事態にまで発展する。  日本は天皇を中心とする神の国だったはずなのだが、神をも恐れぬGHQが、宮中改革を企図しているのは誰の目にも明らかであった。

【関連記事】