Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦春馬さんが「お父さん、お母さん」と慕い続けたパン屋さん店主夫婦の深い悲しみ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「いろんなことにも触れたほうがいいのかな、ということもあるんですが、ただ…それをやるためには、私にとって思い出があるぶん、その思い出の倍の時間がかかります。今日やってしまうと、みなさんこのライブから、4~5年は抜け出せません」 【写真】三浦さんのマネージャーが購入したシナモンロールパン、パン店内に飾られた「お父さん、お母さん」との写真  歌手のJUJUが7月21日に『ブルーノート東京』で行った無観客有料配信ライブで、亡くなった俳優の三浦春馬さんへの思いを口にした。  JUJUはNHK『世界はほしいモノにあふれてる』、通称『せかほし』で三浦さんと共演していた。『せかほし』は、世界各地の食べ物や雑貨、服などを買いつけるプロのバイヤーに密着する紀行番組。だが、三浦さんが亡くなったことで、現場も混乱したよう。 「7月23日の放送は中止となりましたが、3回分の収録はすでに終わっていて、7月30日と8月20日、27日に三浦さんが出演している映像が放送されるようです」(スポーツ紙記者)  NHKが7月22日に行った会見では、番組を今後も継続していく方針を示した。ただ、JUJUを心配する声もあがっている。 「人気番組ではありましたが、視聴者もこれまでどおりに番組を楽しめるかどうか……。“春馬さんの代わりの人と心機一転やってくれ”と言われても、JUJUさんの気持ちが追いついていかないでしょう。収録のたびに思い出してしまうのはツラすぎますから……。出演者は刷新されるかもしれませんね」(テレビ局関係者)  冒頭の配信ライブでは、こんな一幕も。 「ライブでは『せかほし』のテーマソングである『Remember』も熱唱していました。歌っているJUJUさんの声が震えていて、一生懸命、涙をこらえていました。思い出したら歌えなくなってしまうと思ったのか『Remember』熱唱後には、“ちょっと待ってね”と言い、カメラに背を向けて“ワー!”と振り払うように叫ぶ場面もありました。  やっぱり春馬くんのことをずっと考えているんだなって……。それを見ていて、私も涙が止まらなくなってしまって……」(ライブを見ていた女性)  30歳で命を絶った若者の死から3日後のこと。どう受け止めていいのか、どう振舞えばいいのか、わからないのは当然かもしれない。ただ、こんなことも話していた。 「ライブ中のMCでは“シンドイときこそ、口角をちょっと上げると脳は錯覚するそうです”と、まるで自分に言い聞かせるかのように話していたのが印象的でした。私も笑わなきゃって、前向きな気持ちになれました」(前出・ライブを見た女性)  JUJUは、現実を受け止めようと、必死にもがいている。それはもちろん、JUJUだけではない。

【関連記事】