Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

30日午後 東日本も大気非常に不安定 東海中心に大雨おそれ

配信

ウェザーマップ

 30日午前は、西日本の太平洋側を中心に発達した雨雲が広がり、高知県香美市繁藤で、午前7時50分までの1時間に80.5ミリの猛烈な雨を観測し、半日足らずで雨量が250ミリを超えた。西日本の太平洋側では、土砂災害や浸水害の危険度が高くなっている地域がある。  四国の太平洋側は30日昼過ぎにかけて、九州南部は夕方にかけて(種子島・屋久島地方は夜のはじめ頃にかけて)、局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。九州や四国では今夜遅くにかけても、太平洋側を中心に発達した雨雲がかかる予想だ。なお、近畿ではあす1日(水)明け方にかけて、局地的に激しい雨の降るおそれがある。

大雨の中心は東へ 静岡で総雨量500ミリ超か

 発達した雨雲は今後、東へ広がる予想で、東海では30日夕方から1日(水)昼前にかけて、局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。なお、日本海の低気圧の動きが遅いため、静岡県を中心に非常に激しい雨が降り続き、2日(木)昼にかけて、48時間雨量が400~550ミリとかなり多くなるおそれがある。なお、関東甲信でも1日にかけて、激しい雨の降る所がある見通し。 (気象予報士・高橋和也)

【関連記事】