Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新作アニメ『体操ザムライ』OPは「上海ハニー」で話題 浪川大輔、小野賢章、梶裕貴がカバー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 新テレビアニメ『体操ザムライ』の第1話が10日深夜1時30分より、テレビ朝日系で放送された。オープニングテーマが解禁され、ORANGE RANGEが2003年にリリースした2枚目のシングル「上海ハニー」のカバー曲となった。メインキャストの声優・浪川大輔(荒垣城太郎役)、小野賢章(レオナルド役)、梶裕貴(南野鉄男役)キャスト3名によるカバーで、OP映像はミュージックビデオのような華やかかつシュールな要素も含んだ仕上がりになっている。 【OP動画】変なダンスで「上海ハニ~の♪」浪川大輔、小野賢章、梶裕貴がカバー  キャストコメントも公開され、浪川は「この3人が!とビックリ企画!本編とはまた違った色合いでコラボ!遊び心満載です!城太郎もテンションあがっちゃってます!」と興奮。  小野は「まさか上海ハニーを歌わせてもらえる日がくるとは…めちゃくちゃ世代だったのでテンションMAXです!! 歌もそうですがツッコミどころが多くて…。僕的にはリズムに合わせてクラップをしているキャラクターたちの表情に注目していただきたいです。笑」と呼びかけた。  梶は「オファーをいただいた時は『え!上海ハニー!?体操ザムライで?なんで…!?』と驚きましたし、なんなら今でも驚いています。(笑)この曲は自分にとって学生時代を思い出す、青春のイメージがたっぷり詰まった楽曲。歌わせていただけて光栄です。とはいえ、今回はキャラクターソング。演じさせていただいている南野鉄男くんには正直、歌ったりラップをしたりするイメージがなかったので…レコーディングには色々と試行錯誤が必要でした。でも最終的には、しっかりとキャラクターらしさを出すことができたと思っています。個性の強さが光る本作。ドラマと一緒に楽曲もお楽しみください」と伝えた。  『体操ザムライ』は、『ユーリ!!! on ICE』『ゾンビランドサガ』を手掛けたアニメーション制作スタジオ・MAPPAによる、最新オリジナルアニメーション。舞台は「2002年の日本男子体操界で、体操に人生を注いできた元日本代表、荒垣城太郎(29)が主人公。思うように演技ができなくなっており、ある日コーチの天草から「引退」を勧められてしまう。悩む城太郎。それを支える娘の玲。だが、ある『出会い』によって荒垣家の運命は大きく変わっていく。  第1話放送までオープニング情報は明かされておらず、本編終了後にキャスト3人が歌う「上海ハニー」が突然流れると、ネット上では「令和やぞ 上海ハニーて」「上海ハニーびっくりしました~!素敵です」「上海ハニー懐かしさで飛び起きた」「上海ハニーがエモすぎたので最終話まで見よ~!!!」「令和に聴けるとは思わなかったなー」などと驚きの声が。ツイッターでは「上海ハニー」がトレンド入りしている。(10日深夜2時30分現在)

【関連記事】