Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

卓球選手がコンテンツになる時代が到来。T3に見る卓球ビジネスの可能性とは。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys
卓球選手がコンテンツになる時代が到来。T3に見る卓球ビジネスの可能性とは。

写真:イベントの様子/撮影:ラリーズ編集部

「一緒に写真撮っていいですか?」「ずっとファンでした!応援してます!」 ここはアイドルの握手会ではない。イオンレイクタウン(埼玉・越谷市)での卓球イベント「T3」での1コマだ。「T3」は卓球アスリートによるエキシビションマッチや地元の子供たちとのチャレンジマッチやトークショー、握手会をパッケージとした総合卓球イベントで、今回初開催された。主催者も「予想以上の集客」と話す大盛況となった。

本文:1,436文字

写真:4
  • 写真:水谷隼と松平健太/撮影:ラリーズ編集部
  • 写真:抽選会で当選したファンに直筆サインをプレゼントする水谷隼/撮影:ラリーズ編集部
  • 写真:1階で行われた卓球イベントだったが、2階・3階から見下ろす形でイベントを楽しむ観客も多数いた。/提供:卓球レポート

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

川嶋弘文(ラリーズ編集部)

最終更新:
Rallys