Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山崎育三郎「エール」現場に出待ちファン 安倍なつみとの夫婦生活は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

「最近、『エール』の収録終わりに“出待ち”するファンがいるんです。これはちょっとした驚きです」 【関連】「エール」山崎育三郎扮する久志モデル伊藤久男って?  こう証言するのはNHK関係者。どうやらターゲットは主演の窪田正孝(32)ではなく、同郷の友人役の山崎育三郎(34)だという。 「エール」はドラマの佳境を迎えているが、オンエア開始以来、高視聴率を支えている役者のひとりが流行歌手・佐藤久志役の山崎だ。山崎は帝国音楽学校出身の女子学生から“プリンス”と呼ばれる歌手を劇中で演じ、その立ち居振る舞いから美しい歌声まで貴公子そのもの。女性視聴者の目をくぎ付けにしている。収録後の出待ちにとどまらず、NHKふれあいセンターには「いっくん(山崎の愛称)の出番を増やしてほしい」といった声や、「もっと佐藤久志の歌を聞かせて!」といった要望が続々と寄せられているという。「エール」の成功は、もはやこの山崎育三郎抜きでは考えられない。 ■“なっち結婚”の報道を見て悔しそうに…  山崎の名前が注目されるようになったのは、2015年暮れに発表された元モーニング娘。の安倍なつみ(39)との入籍だった。2人は11年7月に上演された舞台「嵐が丘」で夫婦役で共演したことで急接近し、4年間の交際を経て結婚した。ただ当時、芸能マスコミの扱いはあくまで安倍の方が上。スポーツ新聞やワイドショーは“なっち結婚!”と報じた。山崎はおまけのような扱いで、まるで“格差婚”と言わんばかりだった。 「山崎は芸能マスコミの扱いに不満だったみたいです。結婚が報じられたスポーツ紙のタイトルを悔しそうに見ていましたからね」(演劇関係者)  その後、安倍は16年7月、18年10月と立て続けに男児を出産。現在、芸能活動は休業状態だ。一方、山崎はミュージカル俳優として、また役者として着実にステップアップしてきた。 「『エール』終了後も、山崎のキャスティングをめぐって民放間で激しい争奪戦を繰り広げています。これまでほとんど出演する機会がなかった映画のオファーも所属事務所に届いていると聞きます」(芸能関係者)  ただ、山崎の私生活はほとんど伝わってこない。18年5月に開催された「ベストマザー賞」に出た安倍は、家庭内での山崎について「いないことも多いんですけど、いる時は全力で子供と遊んでくれるので、すごく頑張ってくれています」と、そのイクメンぶりを披露している。 「山崎本人は明言しませんが、子供たちも自分のようにミュージカル俳優になってほしいようです。子供の膝の上にピアノをのせて、絶対音感を付けようと『これがドだよ』と教えているとバラエティー番組でうれしそうに話していました」(前出の演劇関係者)  もっとも、幸せいっぱいの安倍にも悩みがあるようだ。ベストマザー賞で漏らしたように、山崎が多忙を極め、家にいる時間がめっきり減ってしまったことだという。 「育ち盛りの子供が2人もいると、山崎も家でじっくりセリフを覚えるどころではないでしょうからね。なっちの方は子育ての悩みはもっぱら元『モーニング娘。』のメンバーたちとの世間話で解消しているようです。今の彼女たちの最大の関心は子供たちの教育問題だと聞いています」(女性週刊誌記者)  山崎が“なっちのダンナさん”といわれたのは昔の話。今では妻が元モー娘。メンバーであることさえ知らない人もいる。結婚当時、“格差婚”といわれた元夫婦といえば、杏(34)と東出昌大(32)の名前が真っ先に浮かぶが、山崎夫妻に限って同じ轍を踏むことはなさそうだ。 (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

【関連記事】