Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スペイン6部での葛藤、J3制覇、“王者”横浜での苦難…。京都、中川風希の“波乱万丈”物語

配信

SOCCER DIGEST Web

「中学から高1まではCBを中心にSBもやっていました」

 埼玉県で生まれ育ち、地元の名門である武南ジュニアユース、武南高とキャリアを歩んできた京都の中川風希。高校2年次にはインターハイで全国準優勝を経験した。そして一昨季は琉球でJ3優勝、昨季は横浜でJ1優勝。一見、順風満帆のサッカー人生に見えるが――。  【京都サンガPHOTO】「スゲェ…」「感動!」サポーター大興奮の新スタジアム"こけら落とし"ギャラリー!  ここでは小学校時代から中学、高校、さらにはスペインでプレーしていた時について語ってもらった。中川のキャリアを振り返っていこう。 ――◆――◆―― ――サッカーを始めたきっかけは? 「親父が野球をやっていたので、(僕にも)野球をやらせたかったらしいです。ただ、幼稚園にはサッカークラブしかなくて、とりあえずスポーツをする意味でサッカーを始めました」 ――小さい頃から攻撃的なポジション? 「バラバラです。小学生まではアタッカーで、中学から高1まではCBを中心にSBもやっていました。僕は絶対にディフェンスの選手じゃないと思っていたんですけど、当時のコーチに言われて……。そのあと高2でトップ下、高3でFWとしてプレーするようになりましたね」   ――攻撃的な印象が強いので、CBでのイメージが沸かないですね。 「なぜCBだったのか自分でも分からない(笑)。ただ、ずっと試合には出させてもらっていました」 ――高校は埼玉の強豪の武南高に進学しましたね。 「武南に進学しても試合に絡めないと思って、正直行きたくなかった。でも武南のジュニアユースでずっと主力で出させてもらっていたので、周囲から『高校も武南に行かなきゃやばい』と圧を受けていたような気がしました(笑)」 ――実際に入学してみてどうでした? 「部員が1学年で80人くらいいて、3学年トータルでは200人を超えていました。『すげーところに来ちゃったな』と。試合に出始めたのは高3です」 ――高2までは試合に絡めなかった? 「高2の時にチームがインターハイで全国準優勝したんですけど、当時、同級生が5人くらいスタメンで出ていて、ベンチでは2年生が僕だけでした。すごくもどかしくて、悔しかったですね。何もできていないと思いながらの準優勝でした」

【関連記事】