Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】最高のナックルカーブは「我らがダルビッシュ有」 お股ニキが選ぶ魔球の使い手は?

配信

Full-Count

野球の新たな視点を提案する“プロウト(プロの素人)”お股ニキによる新連載スタート

【お股ニキが選ぶ3+1・MLB編 第3回 カーブ】  野球界には「魔球」と呼ばれるボールがある。マウンド上で魔球を操り、打者に手も足も出させないピッチャーの姿は圧巻そのもの。野球好きなら見逃してはほしくない最高の場面でもある。日本では平松政次のカミソリシュート、メジャーではマリアノ・リベラのカットボールなど、かつて球界を沸かせた魔球は伝説の域に達する。 【動画】「技術に自信」と本人も自画自賛! ダルビッシュの力強い最速約158キロの直球&キレキレの変化球  では、現役の中にも魔球の使い手はいないのだろうか。そんな疑問にお応えするのが、新連載「お股ニキが選ぶ3+1」だ。SNSや著書を通じ、野球の新たな視点を提案する謎の解説者・お股ニキ氏が、各球種における「球界トップ3」を独断と偏見でピックアップ。トップ3入りはならずも要チェックの「プラス1」を加えた4投手を解説とともにご紹介していく。  今回はメジャーに君臨する「カーブ」の使い手にスポットを当てた。最近では、オーソドックスなスローカーブよりスピードの速い「ナックルカーブ」が大きな注目を集めている。空振り率が高いのが特徴とも言えるナックルカーブだが、お股ニキ氏が選んだ屈指の投手とは……。 (データはBaseball Savant、FanGraphs、BrooksBaseballによる。主なデータ項目の説明は最後に付記) 【1位】ダルビッシュ有(カブス)右投 ナックルカーブ 回転効率79.3% 平均球速79.64マイル(約128.2キロ) Spin Axis 7:09 2738回転 空振り率28.81% 投球割合2.07% 被打率.083 ピッチバリュー/100:4.35  カーブは通常、ボールが一旦浮き上がってピッチトンネルを形成できないものだが、この男のものは違う。カブスで同僚となった87マイル(約140キロ)近い高速ナックルカーブを武器とする守護神クレイグ・キンブレルから教わり、わずか1週間でマスターしたというのが、我らがダルビッシュ有である。元々スライダーやカーブといったブレーキングボールを得意としていた。個人的にも、より高速で縦に落ちるカーブを投げられればと思っていたら、“変化球の天才”はあっさりとマスターしてしまった。  80マイル(約130キロ)ほどで大きく落下する高速・高回転のナックルカーブで多くの空振りを奪い、高い指標を残した(空振り率28%、被打率.083、ピッチバリュー/100 4.65)。映像で見ても4シームと途中まで軌道が近く、やや遅めのスピードでありながらピッチトンネルを構成できていると言える。  このナックルカーブはある程度、打者に近い位置でトップスピンをかけなければならないカーブだが、手首を屈曲させながら、人差し指を立てて中指で鋭く回転を与えるイメージで、広背筋をうまく使うのがポイントのようだ。その握り方や投げ方は、ダルビッシュのYouTubeチャンネルが参考になる。

【関連記事】