Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファイブイズホーム、行田市に1千万円寄付「疲弊しているまちのために使って」【#コロナとどう暮らす】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 新型コロナウイルス感染症対策に役立ててもらおうと、ファイブイズホーム(本社・埼玉県行田市持田)が15日、行田市に1千万円を寄付した。細井保雄社長は「地元への感謝の気持ちです。コロナで疲弊しているまちのために使ってほしい」と、石井直彦市長に目録を手渡した。 心臓発作などで何度も病院に搬送、感謝の気持ちを社会に還元 個人で初、さいたま市中央消防署に救急車贈呈

 目録を受け取った石井市長は「商店街の活性化に特化するかたちで使いたいと考えている。商工会議所と一緒になって取り組みたい」と述べた。  行田商工会議所会頭を務める細井社長は、石井市長の意向を受けとめ、コロナ対策に両者が協力して施策をすすめることになった。

【関連記事】