Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ禍が最初に訪れた貸切バス苦境 新たな道模索 もう「昭和の旅行」じゃダメだ

配信

乗りものニュース

コロナ禍が最初に訪れ、回復も遅れる貸切バス

 バス業界は、地域交通を担う「路線バス」、都市間輸送の「高速バス」、そして団体輸送の「貸切バス」という、おおむね3つの分野に分かれます。そのなかで、最初に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたのが貸切バスでした。そして、路線バスの乗客数が回復を始め、高速バスも運行再開が相次ぐのとは対照的に、今後も険しい道のりが続きそうなのも、貸切バスの分野です。 【写真ギャラリー】定員たった10名も! 小人数の高級貸切バス続々  2020年1月末、中国政府が海外へのツアーを禁止しました。中国発のツアーを中心に請け負っていたバス事業者の多くは、予約がすべてキャンセルになりました。ついで、老人会など団体旅行のキャンセルが始まりました。一斉休校が始まった2月末以降は、国内の旅行会社のツアーや、学校行事や企業のイベントなども中止が続き、ほとんどの貸切バス事業者が完全休業に追い込まれました。  各事業者は、乗務員らを休業させ、国の助成金を原資に企業体力の温存と雇用の維持に努めています。国土交通省のまとめでは、事業を休止や廃止としたのは全国約4000社中43社(4月末時点)ですが、これはあくまで国に届出をした社数であり、現実に事業継続を断念した事業者はもっと多いと見られます。  今後は、2020年7月10日に観光目的で県をまたがる移動も自粛が緩和される見込みで、公共交通機関である高速バスは徐々にですが需要回復が期待できます。一方、貸切バスを利用する団体旅行の需要は、回復が遅れることが懸念されます。

「新型コロナ前」はよかった? 貸切バス業はどう成り立ってきたのか

 たとえば、授業時間不足を補うため、今年度は遠足や修学旅行を縮小する学校が多そうです。「夏の甲子園」など大規模イベントも中止が相次いでいます。旅行会社のバスツアーの中心を占めていたシニア層は、感染リスクが大きいとされ、出控えるかもしれません。  長期的な見通しも不透明です。そもそも日本は、団体旅行の市場が大きく、それが貸切バスの需要を支えていたわけですが、昭和の時代から引き継がれたその旅行スタイル自体に、新型コロナ以前から変革の必要性も指摘されていたからです。  戦後、大手旅行会社らが、職場や町内会といった、「ムラ社会」日本ならではのコミュニティを対象に慰安旅行を売り込みました。まだ貧しかった当時の日本人には、貴重なレクリエーションとして喜ばれました。家族旅行や新婚旅行も、鉄道や航空、高速道路網が充実する前は、旅行会社が企画、募集するツアーに参加するのが現実的でした。  高度経済成長を経て豊かになると、自家用車の普及もあって個人旅行が増加します。ところが、団体旅行市場も縮小はしませんでした。バブル経済最盛期の1990(平成2)年ごろには、会社の費用で宴会やゴルフを楽しむ、豪勢な社員旅行が目立ちました。  2000(平成12)年には、バス事業における需給調整規制が撤廃され、貸切バスに新規参入が増加します。これにより、高止まりしていた貸切バス運賃(チャーター代)は下落し、手軽な格安バスツアーなど新しい市場を生み出しました。そして2006(平成18)年ごろからはインバウンドツアーの市場も拡大します。貸切バスの年間輸送人員は、規制緩和の前年(1999年)から15年間で約3割も増加しました。

【関連記事】