Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤大樹×橋本環奈、互いの印象をベタ褒め「現場のみんながファンになった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 9月28日、映画『小説の神様 君としか描けない物語』公開直前イベントが都内にて行われ、W主演を務めた佐藤大樹と橋本環奈に加え、共演の佐藤流司、杏花、莉子、坂口涼太郎、片岡愛之助、久保茂昭監督が、にぎやかにクロストークを交わした。  『小説の神様 君としか描けない物語』は気鋭の作家・相沢沙呼によるベストセラー青春小説の実写映画化。ナイーブで売れない小説家・千谷一也(大樹)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本)という真逆なふたりの“高校生小説家”が、共作を提案されて反発しながらも物語を作り出していく物語。  本作で初共演となった大樹と橋本。共演前後の印象について、大樹は「橋本さんは、ほかの作品を観てつんつんしていたり、怒鳴るキャラクターイメージがあったんですけど、初めて会ったとき、コンビニ袋1枚くらいの荷物で来て(笑)。さらっと飾らずフランクに話してくれて、そんな女優さん、いないなと。国民的に愛されている理由がわかりましたし、現場のみんながファンになってました」と、熱弁する。

 大樹の熱い思いを受けて、橋本は「恐縮です」と言いながら、「EXILEさんとしてパフォーマーとしての(イメージ)も、作品で芝居をされるイメージもあったので、お会いするのが楽しみでした。大樹君は本当に誰とでも仲良くなれる、年上にも年下にも好かれる存在だなって思いました」と、コミュ力が高い人物として賞賛返し。  ふたりにプラスして、本作で部活メンバーとして仲良くなる流司、杏花。4人ではごはんに行ったりと、非常に雰囲気のいいまま撮影に臨めたという。流司が、「取材とかで、(橋本が)“仲がいい”と言うんですけど、“コーヒーを買ってこい”と言われて、インスタントじゃダメだから徒歩20分くらいのところに行き…」と半泣きの表情で突然訴え出した。しかし、大樹が「嘘はやめよう(笑)」、橋本も「今はいいけど活字にしたらさあ(笑)」と、盛り上げのため饒舌になっていた流司を諭す。流司も、「こんな話ができちゃうくらい(笑)、和気あいあいした現場だったんです」と、笑顔を見せていた。

【関連記事】