Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トレンディエンジェル・斎藤司、フジ番組ロケで背骨を圧迫骨折 全治3か月の大ケガ…フジはお詫びコメント発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 8日午後12時半ごろ、群馬県前橋市内で行われたフジテレビの番組ロケで、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司(41)が背骨を圧迫骨折するなど全治3か月の大ケガを負ったことが分かった。 【写真】まわし姿で体張る斎藤…大相撲・遠藤とパフォーマンス  関係者によると、斎藤が重傷を負った番組は「でんじろうのTHE実験」。ロケでは、斎藤の尻の下にエアバッグを敷いて爆発させ、体が宙に浮くかどうかを実験した。事前の検証で体は浮かなかったものの、本番では1メートル以上も浮き上がり、斎藤は着地に失敗。勢いよく宙に上がったため、右手から地面に落下し、腰を打った。  痛みが強かったため、県内の病院でエックス線検査などを受けたところ、背骨の圧迫骨折、右手首のねんざが判明。その後、ロケを中断し、都内の病院で精密検査を受けた。日常生活への支障はないものの、痛みは1か月程度は続くと診断された。入院はしておらず、自宅で療養している。複数のレギュラー番組がある斎藤は休養はせず、「今後も仕事を続けていきたい」と意欲を見せているという。  フジテレビは「弊社のバラエティー番組「でんじろうのTHE実験」の収録中にトレンディエンジェルの斎藤司さんが、ケガをされたのは事実です。負傷された際の状況など詳細については現在確認中です。本日の診断では、コルセット等で固定すれば日常生活を続けていくのは可能とのことですが、明日以降改めて精密検査を受ける予定だとのことです。斎藤さんおよび関係者の皆様に心よりお詫び申し上げるとともに、今後の治療等につきましては誠意を持って対応してまいりたいと考えております」とコメントを発表した。  ◆斎藤 司(さいとう・つかさ)1979年2月15日、横浜市生まれ。41歳。2005年、相方のたかしと「トレンディエンジェル」結成。13年、NHK「オンバト+」優勝。15年、テレ朝系「M―1グランプリ」優勝などの実績がある。日テレ系「エンタの神様」に出演するなど、テレビ、舞台を中心に幅広く活躍する。著書「ハゲましの言葉 そんなにダメならあきらめちゃえば」(小学館よしもと新書)。特技は歌、ダンス、クイズ。アイドルグループ吉本坂46の初代センター。    

報知新聞社

【関連記事】