Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「小説家になるとは思っていなかった」新芥川賞作家・高山羽根子を支えた“意外なクラスメート”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

「いままでは候補にしていただくことで首の皮一枚つながったというか、『次も書かせていただける』というのを続けてきました。書きたいものはいろいろ浮遊しているんですが、受賞したことで、あと1、2年は書かせてもらえるという喜びが湧いてきて、『ホッとした』と」 【写真】この記事の写真を見る(3枚) 「文藝春秋」の取材にこう喜びを語るのは、沖縄を舞台にした「首里の馬」で芥川賞を受賞した高山羽根子氏だ。  1975年、富山県に生まれた高山氏は、その後、神奈川県に引っ越して幼少期を過ごした。本格的に小説を書き始めたのは、多摩美術大学を卒業して就職後、30歳を超えてからだ。どのような創作活動を経て、芥川賞受賞にいたったのか。大きな転機となった出来事について明かしてくれた。

大学卒業後はトリプルワークも

――大学で美術の勉強をされた後、就職をされたそうですね。 「就職氷河期世代だったこともあり、卒業後はダブルワーク、トリプルワークを含め、土日や早朝、深夜を問わず働いていました。テレビ画面に流れるテロップや地図を作る仕事、編集プロダクションのお手伝いに、イベントスペースで飲み物を提供する仕事、絵画教室の講師……20代は本当にいろんなことをやりましたね」 ――30歳を過ぎてから本格的に小説を書かれたそうですね。 「30代半ばで転職し、いわゆる『9時5時』の生活になりました。毎日のように芝居を観れるし、日曜日に美術館にも行ける。いろんなことを始めようと思って、辿り着いたのが文章を書くことでした。『30の手習い』ではないですけど、社会人向け文章教室に通い始めたんです。月に2度くらいのペースで2年弱くらい通いましたが、当時はまさか小説家になるとは思っていませんでした」 ――先生はどなたですか? 「根本昌夫先生です」 ――あっ、高山さんもですか。2018年に芥川賞を同時受賞した若竹千佐子さんと石井遊佳さんも根本先生の教室に通っていましたね。

社会人教室で切磋琢磨

「石井さんはたぶん違う教室だと思います。根本先生はいろんなカルチャースクールや私塾をお持ちなので。私は早稲田大学の社会人授業で、若竹さんも同じタイミングで入ってきたんです」 ――若竹さんが芥川賞を受賞された時はどう感じました? 「そうだろうなと思いました。私は『ちょっと時間が余ったから来ました。アハハ』って感じでしたが、若竹さんは旦那さんを亡くされた直後だったので、覚悟が違いました。当時から、彼女は絶対、『何か』になると思っていたんです。若竹さんとはすごく仲良くさせてもらって、家に泊まりに行ったこともあるんですよ」 ――若竹さんのご自宅でも、小説論を交わされたんですか? 「小説の話よりは、どう生きてきたかとか、いろんな話をしました。当時、私はまだ結婚していなかったんですが、『高山さんは一人でいいよ。ずっと独身でいなさい』と言われた記憶があります(笑)」 ◆◆◆ 「文藝春秋」9月号及び「文藝春秋digital」に掲載した高山氏のインタビュー「 手を縛られても足で書く 」では、根本昌夫氏の講座で初めて執筆した作品の内容を明かしてくれたほか、高山氏が大好きな横浜DeNAベイスターズの話、受賞作「首里の馬」に込められた思いなどについても語っている。 ※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun  のフォローをお願いします。 ※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年9月号

【関連記事】